movabletype.jp
検索

Movable Type 5.2 ベータ

Movable Type 5.2 は、2012年9月26日にリリースいたしました。ベータ期間中にフィードバックをいただいた皆様に感謝申し上げます。

概要

Movable Type 5.2 は、進化が進むウェブアプリケーション環境への対応や、普及が進んでいるクラウド・コンピューティング環境への対応を中心にした機能強化を予定しています。また従来からリクエストがあった細かな機能強化も同時に実施します。

特に柔軟なシステム設計を可能にするクラウド・コンピューティング環境への対応により、コストを含めたシステム資源の適正管理や、安定した運用環境の実現といった利点を最大限に利用できるようになります。これによりMovable Type は、小規模なブログから大規模なコーポレート・サイトまで柔軟に対応できるパブリッシングプラットフォームへと進化します。

動作環境

Movable Type 5.2 の対応ブラウザは以下のとおりです。

  • Internet Explorer 9
  • Safari (最新版を推奨)
  • Google Chrome(最新版を推奨)
  • Mozilla Firefox (最新版を推奨)

以前のバージョンからの変更点

システムのメールアドレスが必須となりました。

システムのメールアドレスが未設定の状態で、以前のバージョンからアップグレードした場合、[システム] > [設定] > [全般] に移動した際に、メールアドレスの設定が求められます。

<MTCalendar>で、カレンダーの始まりの曜日指定ができるようになりました。

モディファイア「weeks_starts_with」で、スタートする曜日を指定すると、その曜日始まりでカレンダーを生成します。なお、指定がないと、日曜日始まりのカレンダーを生成します。

<MTCalendar weeks_start_with="Mon">

変更があった環境変数

既存の環境変数の一部について、MT5.2から機能が変更・追加されました。

リッチテキストエディタの拡張方法を公開しました

リッチテキストエディタ(TinyMCE)のAPIを利用して、プラグインによる拡張方法を公開しました。また、サンプルとして、リッチテキストエディタ (TinyMCE) にテーブル機能を追加するプラグインを公開しました。

Config.yamlファイルでリッチテキストエディタ(TinyMCE)を拡張する方法を公開しました。

※テーブル機能プラグインは、GPLとして公開しています。シックス・アパートによるサポートはありません。ご利用の際にはあらかじめご了承ください。