movabletype.jp
検索

ダッシュボードの変更

ダッシュボードの変更

新機能 [Site Stats] の追加など、既存のウィジェットの見直しと位置の変更を行なっています。

新機能「Site Stats」

従来の [Blog Stats] ウィジェットに変わり、[Site Stats] (サイトスタッツ)が実装されました。

新しいダッシュボード

Google Analyticsの連携

Google Analyticsなどのアクセス解析サービスと連携することで、ウェブサイトやブログへのアクセスログをグラフ化して表示できます。

※新しい環境変数 [EnableBlogStats] の設定を1にすると、Blog Statsが表示されます。

メッセージセンター

メッセージセンター機能を実装しました。

「This is you」 ウィジェットの位置変更

[This is you] ウィジェットの位置を画面右上に変更しました。

Google Analyticsの連携

Google Analyticsのユーザープロファイルを設定すると、 [Site Stats] にウェブサイト・ブログのアクセスグラフが表示されます。

Google Analyticsとの連携は、Google のAPIを利用して、OAuth2アプリケーションの設定を行う必要があります。詳細は「Google API Console help」に記述されています。

ここでは、実際にGoogle APIの設定を行う方法について、ステップバイステップで説明していきます。

  1. 左メニューの [設定] => [Webサービス] に移動します。
  2. [Google Analytics] の設定欄に表示された [Google API Console] のリンクをクリックして、Googleのページへ移動します。
  3. Google Analyticsの設定ページ
  4. 「Google APIs」の右メニューから「API Access」を選びます。
  5. API Accessのページに表示されている「Create an OAuth Client ID」をクリックします。
  6. Create an OAuth Client ID
  7. 「Create Client ID」というポップアップウィンドウが表示されるので、情報を入力していきます。
    • Product Name:任意の名前を入力
    • Google Account: 現在利用しているGoogle accountが表示されます
    • Product Logo:必要に応じて、画像の設定を行うことができます。画像のURLを指定して、サムネイルを取得します。
    • Home Page URL: MTで生成するブログやウェブサイトのURLを入力します。
    情報を入力したら「Next」をクリックして次へ進みます。
  8. Create Client ID
  9. 続けて、情報の入力を行います。
    • Application Type: ここでは、Web applicationを選びます。
    • Your site or hostname: Movable Type 6 がインストールされているサイトのURLを表示します。ここに記入した情報は、後で修正を行えます。
    情報を入力したら、「Create Client ID」をクリックします。
  10. Client ID Settings
  11. 入力された情報を元に、Client IDが生成されます。
  12. 画面に表示されている「Redirect URIs」を確認します。この欄のURIが、Movable Typeの設定画面に表示されているURIと異なる場合、右の「Edit settings」をクリックして、修正作業を行います。
  13. Redirect URIsの確認
  14. 編集画面に表示されている「Authorized Redirect URIs」の値を、Movable Typeの設定画面に表示されている [Redirect URI of the OAuth2 application] のURIに変更します。
  15. Edit client Settings
  16. 生成されたClient ID と Client secret を、Movable Typeの管理画面に入力します。
  17. Client ID と Client Secret
  18. 設定で「Select Google Analytics profile」リンクをクリックすると、ポップアップウィンドウが開き Google のアクセス権限付与画面(またはアカウント選択画面)が表示されます。
  19. ポップアップ
  20. ユーザーがアクセス権限付与画面で「アクセスを許可」を選択するとポップアップウィンドウが閉じ、CMS 画面のモーダルウィンドにプロフィール選択画面が表示されます。
  21. プロフィール選択画面
  22. 一覧画面からプロフィールを選択して「OK」をクリックすると、Google Analytics profile の部分に選択したプロフィールが表示されます。
  23. 「変更を保存」をクリックすると選択した情報が保存されます。
  24. 設定が成功すると、ダッシュボードにアクセスグラフが表示されるようになります。
  25. アクセスグラフ

    (情報は2013年6月時点のものです。Googleの画面や設定方法は予告なく変わる可能性があります。)

    ※この機能は、新API「Chart API」を利用して出力しています。詳細は、下記の技術資料をご覧ください。

    ※このページに記述されている情報、および製品仕様に関する記述は、製品リリース時に予告なく変更する可能性があります。あらかじめご了承ください。