movabletype.jp
検索

新しいAPI

Movable Type 6 では、2つの新しいAPIを提供します。

APIを利用することで、Perl以外のさまざまな言語を使ったMovable Typeの利用や、機能拡張を行うことができます。

Data API

Movable Typeで管理するブログや記事などのデータの読み出しや更新などをREST/JSON方式のAPIで利用できます。APIの利用を簡単におこなえるJavaScriptのライブラリーも提供されるので、ダイナミックなコンテンツの組み込みも容易になり、ユーザーの目的に合った独自の管理アプリケーションの開発が可能となります。

Data APIは次のような特徴があります。

  • Movable Typeのデータに蓄積されているさまざまなデータを、REST/JSON形式で取得したり、操作することができる
  • Movable Typeの認証を利用することで、公開されているデータだけではなく、ユーザー権限に応じたデータの取得や操作ができる
  • Movable Typeの画面をカスタマイズすることなく、独自のアプリケーションを開発することができる

Data API リファレンス

Data APIの詳しい説明については、以下のドキュメントをご覧ください。

Data API 利用時の注意

Data APIを初期状態で利用すると、ブログの各種情報が取得できます。場合によっては、本当は公開したくない情報も、API経由で取得することができます。例えば、ブログの名称やURLなどの情報は公開しても大丈夫だけれど、ブログのID情報はAPIで取得させたくない、という場合がありえます。

このような場合は、新しい環境変数[DisableResourceField]を設定して、API経由で取得する情報に制限をかけてください。

ブログのIDを制限する場合は以下のように指定します。

DisableResourceField blog=id

DisabledResourceFieldの詳しい使い方については、下記ドキュメントを参照してください。

Chart API

汎用的なグラフ描画用APIをJavaScriptライブラリーとして提供。Movable Typeの記事投稿数や、アクセス解析データ等、グラフのデータを渡すだけで、さまざまなパターンのグラフを作成出来ます。

Chart API リファレンス

Chart APIの詳しい説明については、以下のドキュメントをご覧ください。

※このページに記述されている情報、および製品仕様に関する記述は、製品リリース時に予告なく変更する可能性があります。あらかじめご了承ください。