Movable Type CMSプラットフォーム Movable Type
ドキュメントサイト

Movable Type 7 ManualMovable Type 7 マニュアル

MySQL のバックアップ

最終更新日: 2018.07.05

データベースをバックアップしておくことで、Movable Type のアップグレードなどを行った際に、不慮の事態でデータを失ってしまっても、復旧することが可能になります。 Movable Type のアップグレード、カスタマイズ、新しいプラグインの導入などを行う前には、データベースのバックアップを行うことをお勧めします。

なお、データベースにはアップロードした画像ファイルなどは含まれませんので、完全なバックアップには、Movable Type の『サイトのエクスポートとインポート』 機能を利用して下さい。

MySQL のバックアップを作成する

MySQL のバックアップには、次の方法があります。

ホスティングサーバーの事業者が提供するツールでのバックアップ

MySQL を利用できるホスティングサーバーの場合、事業者がバックアップの方法、もしくはシェルを提供していることがあります。これらを利用してデータベースのバックアップを作成することができます。

ツールの利用方法については、各ホスティングサーバー事業者が提供するマニュアルなどをご参照下さい。

コマンドでのデータベース単位のバックアップ

telnet や ssh でサーバーに入れる場合は、MySQL データベースのバックアップを mysqldump コマンドで行うことができます。

たとえば、データベース名を mt、ユーザー名を mtuser、パスワードを mtpasswd とする場合は、次のように実行すると、BACKUP.sql というバックアップファイルが作成されます。

$ mysqldump -u mtuser -p mtpasswd mt > BACKUP.sql

MySQL のバージョンが 5.1 以上の場合、自動的に --opt オプションが付与されるため mysqldump はデフォルトでテーブルロックを行います。 そのため、バックアップ中は Movable Type を使用すると動作が遅くなる、応答が返らない等の症状が出る場合があります。 バックアップは Movable Type が使用されていないときに行うようにしてください。

目次