movabletype.jp
検索

Movable Type の開発を GitHub に移行します

謹んで新年のお慶びを申し上げます。本年も Movable Type チーム一同、よろしくお願いいたします。

さて2011年、最初のお知らせとなりますが、Movable Typeは本年より心機一転、GitHub.com にソースコード管理システムを移行します。

github-1.jpg

GitHubは、最も著名なGitのホスティングサービスで、数多くのオープンソースプロジェクトでも採用されています。ソースコード管理に加えて、開発者向けのソーシャルネットワーク機能も充実しており、リポジトリや開発者をフォローすることで、プロジェクトの進捗状況を手軽に把握することができます。これまでも Movable Typeの開発は、オープンなSubversion環境でおこなってきましたが、より透明性が高く、最新のソースコードを入手しやすくなります。もちろん、通常のGit リポジトリのように、誰でもソースコードをフォークすることも可能です。

GitHub の使い方

GitHub の使い方や、環境構築については、様々な公式オンラインマニュアル(英語)が公開されています。日本語では、小粋空間さんも Windows での環境構築について解説されています。 また、『入門Git: 濱野 純(著)』などの書籍も、参考になるでしょう。

Gitの環境を一度作成してしまえば、Movable Type のソースコードの取得は、とても簡単です。例えば、Mac OSXやLinux環境では、以下のコマンドでGitHubからソースコードをクローンします。


% git clone http://github.com/movabletype/movabletype.git
% cd movabletype
% make me

FogBugz

開発のソースコード管理は、GitHubに移行しますが、プロジェクト管理ツールは、これまでとかわらずFogBugzを利用します。誰でも登録して、バグを報告したり、機能要望をリクエストできますので、開発チームとのコミュニケーションに、積極的にご活用ください。利用方法は、以下のブログ記事を参考にしてください。

それでは、GitHub と FogBugz でお会いしましょう。

シェアする

トラックバック