movabletype.jp
検索

Movable Type 6で変わったウェブサイト機能

現在ベータテストを行っているMovable Type 6 では、さまざまな機能の実装や、改善を行いました。その中の一つが [ウェブサイト] の機能変更です。MT6のウェブサイトがどう変わったのか、ご紹介します。

シンプルなブログとして使うことができる

MT6 の ウェブサイト には、以下のような特徴があります。

  • ブログ関連タグをテンプレートで使える
  • 記事(ブログ記事)を書くことができる
  • カテゴリを設定できる

平たく説明すると

  • ウェブサイト = ブログ として使える
  • MT5のように、複数ブログをまとめる役割も果たせる

ということができます。

MT5 では、シンプルなブログを作ろうとした場合、一度 [ウェブサイト] を作成して、その配下に [ブログ] を作る必要があり、ひと手間かかっていました。

MT6 では、インストール後に作られる最初の [ウェブサイト] を、そのままブログのように使うことができます。

ブログのテーマがそのまま使える

ブログ用として公開されているテーマを、そのままウェブサイト で利用することができるようになりました。

MT6のウェブサイトでは、 <strong>[ウェブサイト]</strong>、<strong>[ブログ]</strong> どちらのテーマも利用できます

(画面写真はベータ版です)

MT5 のような構造的なCMS構築ができる

MT5の最大の特徴だった「ウェブサイトとブログの連携」も、もちろん可能です。

大規模なウェブサイトを、 ウェブサイト と ブログ を連携させることで、構造的にすっきりと構築・管理することができます。

参考: ウェブサイトとブログの設計

まとめ

まとめると、MT6のウェブサイト機能は

  • ブログを作りやすく、使いやすくなった
  • 高機能なCMSとしての使い勝手も損なっていない

ということができます。

シェアする

トラックバック