movabletype.jp
検索

日付に関するテンプレートタグのモディファイアリファレンス

日付に関するテンプレートタグでは、以下のモディファイアを指定することができます。

format="format"

Movable Type は標準的な strftime の形式の文字列を日付と時刻を表示するために使います。(実際にはstrftimeそれ自体を使っているわけではありません。) 日付タグでにformat モディファイアを指定すると、日時のフォーマットを指定できます。

<$MTDate format="%B %e, %Y %I:%M %p"$>

この例は、実際に使われている英語のデフォルトフォーマットで、次のように表示します。

September 20, 2001 11:44 PM

format モディファイアで指定できる値は次のとおりです。

%Y

年を、4桁の数字で表示します。(例: 2002)

%y

年を、2桁の数字で表示します。1桁の場合は、0が付加されます。(例: 09)

%b

月の名前を、省略形式で表示します。(例: Sep、9)

%B

月の名前を、完全形式で表示します。(例: September、9)

%m

月を、2桁の数字で表示します。1桁の場合は、0が付加されます。(例: 09)

%d

日付を、2桁の数字で表示します。1桁の場合は、0が付加されます。(例: 08)

%e

日付を、2桁の数字で表示します。1桁の場合は、  (空白) が付加されます。(例:  8)

%j

年初からの日を、3桁の数字で表示します。1桁、2桁の場合は、0が付加されます。(例: 078)

%H

時刻を、24時間形式の2桁の数字で表示します。1桁の場合は、0が付加されます。(例: 08)

%k

時刻を、24時間形式の2桁の数字で表示します。1桁の場合は、  (空白) が付加されます。(例:  8)

%I

時刻を、12時間形式の2桁の数字で表示します。1桁の場合は、0が付加されます。(例: 08)

%l

時刻を、12時間形式の2桁の数字で表示します。1桁の場合は、  (空白) が付加されます。(例:  8)

%M

分を、2桁の数字で表示します。1桁の場合は、0が付加されます。(例: 09)

%S

秒を、2桁の数字で表示します。1桁の場合は、0が付加されます。(例: 09)

%p

午前か午後を表示します。AM、もしくはPMを表示します。

%a

曜日を、省略形式で表示します。(例: Tue、火)

%A

曜日を、完全形式で表示します。(例: Tuesday、火曜日)

%w

曜日を、0 〜 6の数字で表示します。日曜日が0になります。

%x

言語に合わせて、日付を表示します。ほとんどの言語では、%B %d, %Yと同じです。(例: September 06, 2002、2002年09月06日)

%X

言語に合わせて、時刻を表示します。ほとんどの言語では、%I:%M %pと同じです。(例: 04:31 PM、16:31)

format_name="format_name"

あらかじめ定義された日付のフォーマットを指定します。

format_name="iso8601"

日付を ISO 8610 フォーマットで表示します。(例: 2006-05-23T11:44:09+09:00)

format_name="rfc822"

日付を RFC822 フォーマットで表示します。(例: Mon, 23 May 2006 11:44:09 +0900)

language="XX"

日時書式について、各国語の代表的な書式を指定します。指定できる値は以下の通りです。

language="cz"

チェコ語。(例: 23. Květen 2006 11:44)

language="dk"

デンマーク語。(例: 23.05.2006 11:44)

language="nl"

オランダ語。(例: 23 mei 2006 11:44)

language="en"

英語。(例: May 23, 2006 11:44 AM)

language="fr"

フランス語。(例: mai 23, 2006 11:44 AM)

language="de"

ドイツ語。(例: 23.05.06 11:44)

language="is"

アイスランド語。(例: 23.05.06 11:44)

language="ja"

日本語。(例: 2006年05月23日 11:44)

language="it"

イタリア語。(例: 23.05.06 11:44)

language="no"

ノルウェー語。(例: Mai 23, 2006 11:44 FM)

language="pl"

ポーランド語。(例: 23 maja 2006 11:44)

language="pt"

ポルトガル語。(例: maio 23, 2006 11:44 AM)

language="si"

スロベニア語。(例: 23.05.06 11:44)

language="es"

スペイン語。(例: Mayo 23, 2006 11:44 AM)

language="fi"

フィンランド語。(例: 23.05.06 11:44)

language="se"

スウェーデン語。(例: maj 23, 2006 11:44 FM)

ts="YYYYMMDDhhmmss"

値に指定した日付を利用して、任意のフォーマットで出力できます。設定する日付は YYYYMMDDhhmmss というフォーマットで記述します。

<$mt:Date ts="19690101120000" format="%Y-%m-%d"$>

relative モディファイアと組み合わせて利用すると、設定した日付からの経過時間を出力します。

relative="1|2|3|js"

  • 1: 日付の現在の日付を含む前後一週間の場合、直前、N分前、N時間前 何日前というように表示します。範囲外の日付は現在の日付 (例: 1月15日) を、ts モディファイアで日付を設定していればその日付を出力します。
  • 2: 2種類の表記で経過時間を表示します。一分以内、6日,1時間前、時間,4分前 といった内容で出力します。範囲外の日付は現在の日付 (例: 1月15日) を、ts モディファイアで日付を設定していればその日付を出力します。
  • 3: 2種類の表記で経過時間を表示しますが『〜前』といった表現を追加せず単純に 6日,1時間 といった内容で出力します。
  • js: テンプレート mt.js 内に記述された function "mtRelativeDate" を利用して経過時間を表示します。

utc="1"

出力する日付を協定世界時にします。

Updated on 2015-01-27, 10:51 .

関連ページ