movabletype.jp
検索
[ Movable Type 4 ドキュメント ]

システム情報の確認

Movable Type をインストールする環境の詳細を確認する簡単な方法として、システムチェック用スクリプト mt-check.cgi を実行します。たとえば、CGIPath を http://www.example.com/cgi-bin/mt/ に設定している場合、mt-check.cgi は次の URL で実行できます。

  • http://www.example.com/cgi-bin/mt/mt-check.cgi

画面の最下部にシステムのチェックを完了しました。というメッセージが表示された場合、セットアップの準備が完了したことを表示します。

また、Movable Type インストールウィザードでも、最初の確認項目としてシステムチェックが行えます。

既に Movable Type のインストールが完了している場合は、操作メニュー(システム・モード)のツールより確認できます。

エラー・メッセージ例

以下のメッセージが表示された場合、Movable Type でサポートしているバージョンの Perl がインストールされていません。サポートしているバージョンの Perl をインストールしてください。

お使いのシステムにインストールされている Perl [VERSION] は、Movable Type がサポートする最低限のバージョンを満たしていません。Movable Type が動作する可能性はありますが、基本的に動作の検証はされておらず、保証も出来ません。Perl のバージョンを 5.6.1 以上にアップグレードされることを強くおすすめします。

必要な Perl モジュールのインストール方法 (Linux, BSD, Mac OS X)

必要な Perl モジュールを、CPAN からインストールします。たとえば、MySQL を利用するために必要なモジュール DBI と DBD::MySQL は、次のようにインストールします。

# perl -MCPAN -e shell
Terminal does not support AddHistory.

cpan shell -- CPAN exploration and modules installation (v1.7601)
ReadLine support available (try 'install Bundle::CPAN')

cpan> install DBI
cpan> install DBD::MySQL
cpan> quit

必要なPerlモジュールのインストール方法 (Windows)

Windows 環境では、ActivePerl の Perl Package Manager からインストールします。

  1. スタートメニューから、Perl Package Manager を実行します。
  2. データベース・インターフェイス等、Movable Type に必要なモジュールをインストールします。
  3. モジュールのインストールが終了したら、exit コマンドを実行して終了します。

モジュール名が不明の場合、search コマンドを実行して確認します。たとえば、MySQL を利用するために必要なモジュール DBI と DBD::MySQL は、次のようにインストールします。

ppm> install DBI
ppm> install DBD-mysql

ActiveState 社が運用しているリポジトリ内に、必要なモジュールがない場合もあります。有志による ActivePerl に対応したリポジトリ (例: http://theoryx5.uwinnipeg.ca/ppms/) も参照してみてください。