Movable Type CMSプラットフォーム Movable Type
ドキュメントサイト

Cloud Documentクラウド版 ドキュメント

Basic 認証の設定(Apache プラン)

Apache プランでは、公開サイト上で Basic 認証を掛けたいディレクトリに .htaccess ファイルを配置することで Basic 認証を実現できます。(nginx プランのような管理画面上のメニューはなく、管理画面から Basic 認証の設定をおこなうことはできません)

Basic 認証用のパスワードを生成する

htpasswd コマンドが利用できる環境では、以下のコマンドを実行するとパスワードが生成されます。

htpasswd -c -b /any/path/.htpasswd ユーザ名 パスワード

htpasswd コマンドは、OpenSSL などの Apache の関連ツールをインストールすると利用できますが、手元にない場合は、.htpasswd を作成するウェブサービスがいくつかありますのでそちらをご利用ください。

.htpasswd ファイルをサーバーに配置する

作成した .htpasswd ファイルを、FTP で static ディレクトリ(実パスは /data/file/static )にアップロードします。

.ht から始まるファイルについては、ブラウザなどのアクセスがあった場合にはリクエストが無視されるので漏洩する心配はありません。

Basic 認証を設定する

以下の内容を記述した .htaccess ファイルを作成し、Basic 認証を掛けたいディレクトリに FTP でアップロードします。

AuthUserFile /data/file/static/.htpasswd
AuthName "Please enter your ID and password"
AuthType Basic
require valid-user

.htpasswd ファイルを /data/file/static ではない場所に配置した場合は、AuthUserFile のパスも変更してください。

S4ia / S4ia7 以上のプランをご利用の場合は、FTP の static ディレクトリ直下にドメイン名をもとにしたサブディレクトリが作成されています。Basic 認証を掛けるディレクトリがどこにあるかは、Movable Type クラウド版の管理画面から親サイト(ウェブサイト)のサイトパスを確認してください。

AuthGroupfile ディレクティブは利用できません。