movabletype.jp
検索

システムが送信するメール内容のカスタマイズ

ブログのデザインや、システム画面に加えて、Movable Type のシステムが送信するメールの文面をカスタマイズすることができます。例えば、以下のようなカスタマイズが考えられます。

  • システムの発行するメールに、広告を挿入する
  • Movable Type 以外の、関連するリンク URL を記述する
  • Movable Type などの名称を、自社のブランド名に置き換える

システムが送信するメールの内容をカスタマイズしたいときは、グローバルテンプレートの [メールテンプレート] を編集します。

Movable Type では HTML メールの送信はサポートされていません。プレーンテキストで、メールのカスタマイズをおこなってください。

メールテンプレート変数

メールテンプレートの中では、もちろん他のテンプレートと同じように Movable Type のテンプレートタグを利用できます。また、いくつかの変数も設定されていますので、メールをカスタマイズするにあたって、Movable Typeの持つ様々なデータを利用できます。メールのテンプレート内で変数を利用するには、MTVar もしくは、MTGetVar タグで、以下のように変数名を指定します。各々のメールテンプレートに設定されている変数を紹介します。

<$MTVar name="ping_excerpt"$>

各メールテンプレートで利用できる変数には、以下のようなものがあります。各変数は、MTVar, MTGetVar タグに設定した name モディファイアで指定します。

コメントの確認

コメンターとして登録したユーザーに送信される、確認メールです。

  • confirm_url: コメンターとしての登録 (登録メールアドレス) を確認する URL

コメントの通知

コメンターの登録を管理者に報せるメールです。

  • profile_url: 登録したユーザーのプロフィールページの URL

コメントスロットル

特定の IP のコメントユーザーをストットル規制したときに、管理者に送信されるメールです

  • throttled_ip: スロットル制約をされた IP
  • throttle_seconds: スロットル制約としてコメントを禁止する上限期間の値 (秒)
  • message: メール内のメッセージ (テンプレート内で変数を宣言)

パスワードの再設定

パスワードの再設定を行ったユーザーに送信されるメールです。

  • user_password: 再設定されたパスワード
  • link_to_login: ログイン画面への URL

ブログ記事の共有

ブログ記事を共有したとき、送信対象のメールアドレス (アドレス帳でも設定可能) に送信されるメールです。

  • send_excerpt: ブログ記事の共有時に、概要を送信するように設定しているときは、1 を返します。
  • send_body: ブログ記事の共有時に、本文を送信するように設定しているときは、1 を返します。
  • message: ブログ記事の共有時に、入力した [メッセージ] の内容を返します。
  • entry_status: ブログ記事の公開状況 (テンプレート内で変数を宣言)
  • entry_editurl: 共有するブログ記事の編集画面への URL

新しいコメント

新しいコメントが追加されたときに、記事作成者に送信するメールです。

  • view_url: 公開されたブログ記事の URL
  • approve_url: コメントを確認、承認する URL
  • spam_url: コメントをスパムとして判定する URL
  • edit_url: コメントを編集するURL
  • ban_url: コメントを投稿した IP アドレスを禁止する URL
  • state_editable: コメントの管理権限のあるユーザーへの送信するメールなら 1 を返します。

新しいトラックバック

記事の作成者に届く新しいトラックバックの通知メールのテンプレートです。

  • approve_url: トラックバックの公開を許可する URL
  • spam_url: トラックバックをスパムと判定する URL
  • edit_url: トラックバックの編集ページの URL
  • ban_url: トラックバックを送信した IP アドレスからのトラックバックを禁止する URL
  • unapproved: 未承認のトラックバックなら 1 を返します
  • state_editable: トラックバックの管理権限のあるユーザーへの送信なら 1 を返します

購読の確認

更新通知登録したユーザーに送信されるメールです。ここで使われる変数は、ほとんどが確認用の URL で使われます。

  • script_path: mt-add-notify.cgi への URL
  • redirect_url: メール本文中の登録の確認を行う URL をクリックしたあとに移動するページの URL (更新通知登録フォームの hidden タイプ input 要素で設定)
  • magic: 更新通知の確認 URL に使うマジックトークン
  • email: 更新通知を送信するメールアドレス (ユーザーが登録したメールアドレス)

更新通知の登録フォームは、次のサンプルのようなテンプレートで作成できます。

<form method="post" action="<$MTCGIPath$>mt-add-notify.cgi" id="add-notify">
    <dl>
        <dt><label for="notify-email">メールアドレス</label><dt>
        <dd><input name="email" size="30" value="" id="notify-email" /></dd>
    </dl>
    <div>
        <input type="hidden" name="_redirect" value="<$MTBlogURL$>" />
        <input type="hidden" name="blog_id" value="<$MTBlogID$>" />
        <input type="submit" value="登録する" />
    </div>
</form>

メールテンプレートの変更方法

ここでは一番簡単なメールの変更として「メールフッター」を例に上げます

  1. [システムメニュー] から [デザイン] > [テンプレート] を選択します。
    システムメニュー デザイン テンプレート
  2. [テンプレートモジュール] から [メールフッター] を選択します。
    グローバルテンプレートの管理 メールフッター
  3. [メールフッター] テンプレートの初期値が表示されます。
    グローバルテンプレートの管理 メールフッター 修正前
  4. [メールフッター] を修正します。MT タグを利用して動的に内容の文章を用意するなど可能ですが、ここでは静的な内容として一般的なメールフッターをサンプルとして用いています。
    グローバルテンプレートの管理 メールフッター 修正後
  5. [変更を保存]をクリックします。

これでシステムから送信されるメールのフッターが書き換えられました。