movabletype.jp
検索

コメント/トラックバックの管理とスパム対策

コメントやトラックバックを管理するには、サイドメニューから、[コメント]あるいは[トラックバック]を選択します。一覧から、公開、編集、削除をおこないます。一覧をフィルタやソートして、まとめて操作することもできます。一覧の操作については、以下のページを参照してください。

ナビゲーションから [システム] を選ぶと、Movable Type内のすべてのコメント(トラックバック)を表示します。ウェブサイトを選ぶと、そのウェブサイトと子ブログのコメント(トラックバック)を表示します。

公開状態

公開されている場合はグリーンのアイコン、未公開の場合には黄色のアイコンが表示されます。

コメント投稿者

投稿者名をクリックすると、投稿者の詳細を表示します。投稿者名やメールアドレスで、コメントを検索できます。

メール

投稿者が入力したメールアドレスです。

URL

投稿者が入力したURLです。

ブログ記事/ウェブページ

対象のブログ記事/ウェブページです。

日付

投稿された日付です。

本文

コメント(トラックバック)の本文です。

複数のコメント(トラックバック)をまとめて操作

一覧から複数のコメント(トラックバック)を選択し、[公開] あるいは [削除]ボタンをクリックします。その他にも、プルダウンから以下の操作が可能です。

コメントの一括操作メニュー
公開を取り消し
公開されたコメントを非公開にします。
スパムに指定
選択したコメントをスパムと判定します。
スパム指定を解除
スパムと判定されたコメントからスパム指定を解除します。
コメント投稿者を承認
選択したコメントの投稿者を承認し、コメントを保留せずに、すぐに公開します。
コメント投稿者の承認を解除
コメント投稿者の承認を解除します。
コメント投稿者の禁止
選択したコメントの投稿者を禁止し、コメントを拒否します。
コメント投稿者の禁止を解除
禁止された投稿者を解除し、コメント投稿を可能にします。

スパム判定

受け付けたコメントとトラックバックは SpamLookup プラグインがスパム判定をします。スパムと判断されると、一覧には表示しません。クイックフィルターの"スパムコメント(トラックバック)"をクリックすると、スパムだけを一覧で表示します。コメント(トラックバック)の編集画面で、"詳細"リンクをクリックすると、スパム評価のレーティングを確認できます。

SpamLookup プラグインのチェックを漏れたスパムがあった場合、一覧から選択して[スパムに指定]します。公開済みの場合は、自動的に非公開となり、スパムボックスに移動します。

スパム指定されたコメント(トラックバック)は、ブログの設定により、一定の時間を経過した後(初期値: 14日)に自動的に削除されます。手動での削除も可能です。

コメントの編集と返信

コメントの一覧画面には、 [編集] [返信] へのリンクが表示されます。

コメントの編集と返信
編集
コメントの編集画面に移動します。編集画面では、投稿されたコメントの内容を編集、削除、公開状態の変更などが行えます。
返信
モーダル画面が開いて、コメントに対する返信が行えます。

クイックフィルタ

一覧を特定の条件で絞り込んで表示します。

スパムでない

スパムではないコメント(トラックバック)を表示します。

自分のブログ記事

サインイン中のユーザーが作成したブログ記事のコメント(トラックバック)を表示します。

保留中

スパムではない、未公開コメント(トラックバック)を表示します。

スパム

SpamLookup でスパムと判断されたか、ユーザーがスパム指定したコメント(トラックバック)を表示します。

公開されている

公開中のコメント(トラックバック)を表示します。

最近7日間

保留中を含む、一週間以内に投稿されたコメント(トラックバック)を表示します。

フィード

スパムではないコメント(トラックバック)のフィードへのリンクです。

コメントにCAPTCHA 認証を利用する

ブログの「登録/認証」設定で、認証なしコメントを許可している場合、CAPTCHA 認証を利用することができます。CAPTCHA 認証を利用するには Image::Magick がインストールされている必要があります。

  1. ナビゲーションから、ウェブサイトあるいはブログを選択します。
  2. サイドメニューから、[設定][登録/認証]を選択します。
  3. 認証方式の"認証なしコメントを受け付ける"を選択し、[変更を保存] ボタンをクリックします。
  4. サイドメニューから、[設定][コミュニケーション]を選択します。
  5. "CAPTCHAプロバイダ" で "Movable Type 既定"を選択します。
  6. [変更を保存]ボタンをクリックします。
  7. ウェブサイトあるいはブログを再構築します。

"Movable Type 既定" 以外の CAPTCHA プロバイダを利用する

Image::Magick がインストールされていないサーバで CAPTCHA を利用したい場合は、reCAPTCHAなどの外部のサービスを利用する方法があります。

ただし、外部サービスおよびプラグインについては、シックス・アパートからサポートは提供されませんので、ご注意ください。

カテゴリに対するトラックバックの一覧

トラックバックは、ブログ記事だけではなく、カテゴリも対象にできます。特定のカテゴリについて、トラックバックを受け付けたい場合は、カテゴリの編集画面で [トラックバックを許可] を設定します。カテゴリの編集については、別節を参照してください。

Updated on 2013-04-23, 14:06 .

関連ページ