movabletype.jp
検索

ブロックタグに利用できる予約変数

MTFor、MTLoop 、および MTEntries や MTPages など、ループ処理をおこなうブロックタグ内では、以下の特別な変数が利用できます。

__first__

ループ出力の最初である場合 true (1) となります。

__last__

ループ出力の最後である場合 ture (1) となります。

__odd__

ループ出力の奇数回目の場合 ture (1) となります。

__even__

ループ出力の偶数回目の場合 ture (1) となります。

__index__

ループのインデックスを格納します。

__counter__

ループした回数を格納します。

__index__ 変数と __counter__ 変数の違いは以下のサンプルで確認することができます。
__counter__ 変数は、ループした回数だけ 1 ずつ増えていきますが、__index__ 変数の値は、MTFor に設定した変数 test と同じループのインデックスを表示します。

<mt:for var="test" from="10" to="20" increment="2">
<p>now test = <mt:var name="test"> | __index__: <MTVar name="__index__"> | __counter__: <MTVar name="__counter__"></p>
</mt:for>

サンプルの出力結果は以下のとおりです。

<p>now test = 10 | __index__: 10 | __counter__: 1</p>
<p>now test = 12 | __index__: 12 | __counter__: 2</p>
<p>now test = 14 | __index__: 14 | __counter__: 3</p>
<p>now test = 16 | __index__: 16 | __counter__: 4</p>
<p>now test = 18 | __index__: 18 | __counter__: 5</p>
<p>now test = 20 | __index__: 20 | __counter__: 6</p>
Updated on 2015-09-06, 17:57 .

関連ページ