movabletype.jp
検索

Google Analytics の連携

Google Analytics のユーザープロファイルを設定すると、ダッシュボードの [サイト情報] にウェブサイト / ブログのアクセス統計グラフを表示する事ができます。

Google Analytics との連携は、Google Developer Console を利用して、OAuth2 アプリケーションの設定を行う必要があります。詳細は『Google APIs Console Help(英語)』をご参照下さい。

Google Analytics API の設定を行う方法は以下になります。

  1. ページ上部のナビゲージョンから [システム]、ウェブサイトあるいはブログ を選択する
  2. サイドメニューから [設定] - [Webサービス] を選択する
  3. Webサービス設定

  4. 「Google Analytics」の設定欄に表示された「Google Cloud Console」のリンクをクリックして、Google のページへ移動する
  5. 「Google Developer Console」が表示されるので、「CREATE PROJECT」のボタンをクリックして新しいプロジェクトを作成する
  6. 新しいプロジェクトの作成

  7. 「New Project」というポップアップウィンドウが表示されるので、情報を入力する
  8. Google Cloud Console - 新規プロジェクト

    Project Name
    任意の名前を入力
    Project ID
    任意の値を入力(初期値のままでもOK)
  9. 情報を入力したら「Create」をクリックする
  10. プロジェクトが作成されたら、左メニューから「APIs & auth」をクリックする
  11. 右の一覧から「Analytics API」を探して、「STATUS」を「ON」に変更する
  12. Analytics APIを有効にする

  13. 左メニューから「Credentials」をクリックする
  14. 上部にある「CREATE NEW CLIENT ID」をクリックする
  15. 新しいクライアントIDを登録する

  16. 「Create Client ID」というポップアップウィンドウが表示されるので、情報を入力する
  17. 「Authorized Javascript origins」と「Authorized redirect URI」に必要な値を入力する
  18. クライアントIDの登録

    Application type
    "Web application" を選択
    Authorized Javascript origins

    「Authorized redirect URI」に指定したURLのドメイン部分を入力します。

    例) http://www.example.com/cgi-bin/mt/mt.cgi?__mode=ga_oauth2callback の場合は、「http://www.example.com/」を指定します。

    Authorized redirect URI
    Movable Type の Google Analytics の設定画面に表示されている [Authorized URI] の内容をコピーして、入力欄に貼り付けます。
  19. 情報を入力したら「Create Client ID」をクリックする
  20. 入力された情報を元に、Client ID が生成されるので、生成された Client ID と Client secret を、Google Analytics の設定画面に入力する
  21. ga_8.png

  22. 設定で「Select Google Analytics profile」リンクをクリックすると、ポップアップウィンドウが開き Google のアクセス許可確認画面(またはアカウント選択画面)が表示される
  23. ga_9.png

  24. 適切な Google アカウントで、アクセスの許可を行うと、ポップアップウィンドウが閉じたのちに、モーダルウィンドウでプロフィール選択画面が表示される
  25. ga_10.png

  26. 一覧画面からプロフィールを選択して「OK」をクリックすると、Google Analytics profile の部分に選択したプロフィールが表示される
  27. 「変更を保存」をクリックすると選択した情報が保存される
Updated on 2014-01-14, 15:15 .

関連ページ