Movable Type CMSプラットフォーム Movable Type
ドキュメントサイト

Movable Type 7 ManualMovable Type 7 マニュアル

新しいインスタンスにユーザーデータをコピーする方法
AWS

最終更新日: 2018.12.17

新しいインスタンスを起動して、既存の Movable Type をアップデートする方法を説明します。

既存のデータをバックアップする

ユーザーデータ、アプリケーションデータ、データベースのバックアップを行います。独自にインストールしたプラグインやテーマは、必要に応じてバックアップを行ってください。

公開サイトのファイルをバックアップする

標準では、Movable Type で公開したファイルは /data/file/static に出力されます。

% cd /data/file
% zip -r ~/static.zip static

Movable Type の関連ファイルをバックアップする

サポートディレクトリに生成されたファイルをバックアップします。

% cd /app/movabletype/mt-static
% zip -r ~/support.zip support

データベースをバックアップする

データベースのダンプファイルを作成します

% cd ~
% mysqldump -u root movabletype > ~/dump.sql
% zip ~/sql.zip dump.sql

新しいインスタンスを起動する

Amazon Web Services 上に、新しいバージョンのインスタンスを作成してください。インスタンスの作成は、『Movable Type for AWS スタートガイド』をご参照ください。このとき、「手順 10.Public DNS をチェック」以降の手順は行わないでください。

ユーザーデータを新しいインスタンスにコピーする

古い環境でバックアップしたユーザーデータなどを、新しく作成したインスタンスにコピーします。標準では、FTP は利用できないので、 scp などの手段でバックアップファイルを移動させてください。ここでは、バックアップファイルが移動済みという前提で手順を示します。独自にインストールしたプラグインや、テーマがある場合は、必要に応じてバックアップから復元するか、改めてインストールを行ってください。

公開サイトのファイルを復元する

バックアップファイルを解凍したのち、/data/file/static 以下にファイルを移動します。

% unzip static.zip
% sudo mv static/* /data/file/static/
% sudo chown -R www:www /data/file/static

Movable Type の関連ファイルを復元する

バックアップファイルを解凍したのち、/app/movabletype/mt-static 以下にファイルを移動します。

% unzip support.zip
% sudo mv support/* /app/movabletype/mt-static/support/
% sudo chown -R www:www /app/movabletype/mt-static/support/

環境設定ファイルを更新する

Movable Type の環境設定ファイル(mt-config.cgi)に、独自に環境変数を設定されていた場合は、新しいインスタンス上の環境設定ファイルを変更してください。

% sudo vi /app/movabletype/mt-config.cgi

データベースを復元する

バックアップファイルを解凍したのち、mysql にダンプデータをインポートします。

% unzip sql.zip
% mysql -u root movabletype < dump.sql

Movable Type をアップデートする

新しいインスタンスの Movable Type の管理画面にアクセスをすると、アップデートが始まります。

古いインスタンスを停止する

無事にアップデートが完了したのち、コピーしてきたサイトの確認などを行ってください。問題が無いようであれば、古いインスタンスを停止します。古いインスタンスで固定 IP を利用されていた場合などは、新しいインスタンスへ割り当てを行ってください。

目次