Movable Type CMSプラットフォーム Movable Type
ドキュメントサイト

Movable Type 7 ManualMovable Type 7 マニュアル

Movable Type を設置する (Windows)

最終更新日: 2018.04.26

Internet Information Services (IIS) は、Windows Server に標準添付のウェブサーバー機能です。ここでは IIS の環境下で Movable Type を利用する方法を解説します。なお、IIS のバージョンによっては設定方法が異なる場合があります。

ディレクトリ(フォルダ)の構成
種類ディレクトリパスURL
アプリケーションディレクトリC:¥Inetpub¥app¥mt6xxhttp://www.example.com/mt/
スタティックディレクトリC:¥Inetpub¥app¥mt7¥mt-statichttp://www.example.com/mt-static
ウェブサイトディレクトリC:¥Inetpub¥mtsitehttp://www.example.com/

新規インストールの手順

Movable Type の設置は以下の手順で行ないます。

Perl 環境のインストール

Windows 環境で Perl を利用できるように設定します。

データベース環境の準備

Movable Type からアクセスできるデータベースを準備します。

ディレクトリの作成

"C:¥inetpub¥app", "C:¥Inetpub¥mtsite"を作成します。

ファイルの展開

Movable Type のパッケージを展開します。("C:¥inetpub¥app¥mt7")

IIS マネージャーでアプリケーションプールの追加

IIS マネージャーを起動してアプリケーションプールを追加します。

名前.Net CLR バージョンマネージ パイプライン モードアプリケーション プールを直ちに開始する
MTAppPool.Net CLR バージョン v4.0.30319(例)統合(チェック)
MTWebPool.Net CLR バージョン v4.0.30319(例)統合(チェック)

IIS マネージャーでサイトの追加

IIS マネージャーで新しいサイトを追加します。

[Default Web Site] のポートを 80 以外に変更

  1. [Default Web Site] を選択し、操作メニューの [バインド] をクリック
  2. ポート 80 の行を選択し、[編集] ボタンをクリック
  3. ポートを 80 以外に変更(例:8080、8888、etc.)し、[OK] ボタンをクリック
  4. [閉じる] ボタンをクリック

サイトの追加

  1. [サイト] を選択し、操作メニューの [Web サイトの追加] をクリック
  2. [Web サイトの追加] ウィンドウに必要項目を入力(下記は入力例)し、[OK] ボタンをクリック
サイト名アプリケーション プール物理パス種類
MT SiteMTWebPoolC:¥Inetpub¥mtsitehttp
IP アドレスポートホスト名Web サイトを直ちに開始する
未使用の IP アドレスすべて80(空)(チェック)

IIS マネージャーでアプリケーションの追加

IIS マネージャーで [MT Site] 配下にアプリケーションの追加をおこないます。

エイリアスアプリケーション プール物理パス
mtMTAppPoolC:¥Inetpub¥app¥mt6xx

IIS マネージャーで仮想ディレクトリの作成

IIS マネージャーで [MT Site] 配下に仮想ディレクトリを作成します。

エイリアス物理パス
mt-staticC:¥Inetpub¥app¥mt6xx¥mt-static

64 ビット環境での設定

64 ビット IIS のアプリケーション プールに 32 ビット アプリケーションの設定をおこないます。

  1. IIS マネージャーで [アプリケーション プール] から [MTAppPool] を選択し、操作メニューの [詳細設定] をクリック
  2. [詳細設定] ウィンドウが開いたら [32 ビット アプリケーションの有効化] を [true] に設定し、[OK] ボタンをクリック

32 ビット版 OS では、この設定は必要ありません。

アクセス権限の設定

各ディレクトリに対しアクセス権限を設定します。設定はそれぞれ IIS のワーカープロセスに関係したグループアカウントが必要です。

  1. IIS マネージャーで対象をクリック
  2. 操作メニューから [アクセス許可の編集] をクリックし、[セキュリティ] タブを開く
  3. ビルトインアカウントの [IUSR] と組み込みグループの [IIS_IUSRS] がアクセスできるよう設定(下記表を参照)
種類ユーザー/グループ設定する権限
MT SiteIUSR変更、読み取りと実行、フォルダの内容の一覧表示、読み取り、書き込み
IIS_IUSRS読み取りと実行、フォルダの内容の一覧表示、読み取り
mtIUSR変更、読み取りと実行、フォルダの内容の一覧表示、読み取り、書き込み
IIS_IUSRS読み取りと実行、フォルダの内容の一覧表示、読み取り

一時ディレクトリに権限を付与します。デフォルトは C:¥Windows¥Temp です。IIS マネージャーからではなく、直接ディレクトリのプロパティを開いて [セキュリティ] タブで設定してください。

種類ユーザー/グループ設定する権限
C:¥Windows¥TempIUSR読み取り、書き込み

ここでは一旦アクセス権限を広く設定し、Movable Type のインストール後にアクセス権限を絞ります。

CGI スクリプトの実行の設定

IIS マネージャーから、仮想ディレクトリ内の CGI スクリプトを実行するための設定をおこないます。

  1. [MT Site] の [mt] を選択
  2. [機能ビュー] 内の [ハンドラマッピング] を選択し、右クリックメニューを開いて[機能を開く] をクリック
  3. 操作メニューから [スクリプト マップの追加] をクリック
  4. [スクリプト マップの追加] ウィンドウで以下を設定

    • 要求パス
      *.cgi

    • Strawberry Perl 利用時の実行可能ファイル
      Strawberry Perl のインストールディレクトリ\bin\perl.exe "%s" %s

    • 名前
      CGI(任意)

  5. [この ISAPI 拡張を有効にしますか?] というダイアログボックスが表示されたら [はい] ボタンをクリック

MIME の種類の設定

IIS の MIME の種類の設定に ".json" を追加します。この設定は、Movable Type のダッシュボードで [サイト情報] ウィジェット内の情報を表示するために必要です。 以下の手順で ".json" の設定を追加してください。

  1. [MT Site] を選択
  2. [機能ビュー] 内の [MIME の種類] を選択し、右クリックメニューを開いて [機能を開く] をクリック
  3. 操作メニュー内の [追加] をクリックし、以下の内容を設定

    • ファイル名の拡張子
      .json

    • MIME の種類
      application/json

  4. [OK] ボタンをクリックして設定を追加

Windows Server 2012 R2 ではデフォルトで ".json" が設定されているため、この作業は必要ありません。

Movable Type インストール後の設定

インストールウィザードで環境設定ファイル (mt-config.cgi) を作成するとき、アプリケーションディレクトリに mt-config.cgi が作成されます。インストール後はアプリケーションディレクトリへの書き込みが不要になるため、権限設定を修正します。

アクセス権限の修正

[mt] から [IUSR] ごと権限を削除し、スタティックディレクトリ内の "support" ディレクトリに [IUSR] の権限を追加します。

種類ユーザー/グループ設定する権限
mtIUSR(ユーザごと削除)
mt-static¥supportIUSR変更、読み取りと実行、フォルダの内容の一覧表示、読み取り、書き込み

最終的なアクセス権限

種類ユーザー/グループ設定する権限
MT SiteIUSR変更、読み取りと実行、フォルダの内容の一覧表示、読み取り、書き込み
IIS_IUSRS読み取りと実行、フォルダの内容の一覧表示、読み取り
mtIIS_IUSRS読み取りと実行、フォルダの内容の一覧表示、読み取り
mt-staticIIS_IUSRS読み取りと実行、フォルダの内容の一覧表示、読み取り
mt-static¥supportIUSR変更、読み取りと実行、フォルダの内容の一覧表示、読み取り、書き込み
IIS_IUSRS読み取りと実行、フォルダの内容の一覧表示、読み取り
C:¥Windows¥TempIUSR読み取り、書き込み
目次