Movable Type CMSプラットフォーム Movable Type
ドキュメントサイト

Movable Type 7 ManualMovable Type 7 マニュアル

新規インストールの事前準備

最終更新日: 2018.04.26

Movable Type のインストールをはじめる前に、Perl 実行環境の確認、プログラムのインストール場所や文字エンコーディング方式の決定など、いくつか準備しておかなければならないことがあります。

Perl の実行環境の確認

Movable Type では、機能のほとんどを、Perl スクリプトとして実行します。ウェブサーバー上で Perl スクリプトを実行するためには、Perl の実行環境へのパスを正しく指定する必要があります。Perl の実行環境へのパスは、ウェブサーバーに telnet もしくは ssh でログインしたあと、以下のコマンドを実行して確認できます。

$ whereis perl

Movable Type では、/usr/bin/perl が初期値となっています。

インストール先の決定

Movable Type のインストール先のディレクトリは、目的別にディレクトリを作成し、各ディレクトリに必要なファイルを配置します。ここでは、目的別のディレクトリについて解説します。

アプリケーションディレクトリ

Movable Type を実行するスクリプトやライブラリを保管するディレクトリです。このディレクトリ内のスクリプトには、実行権限が必要なため、ウェブサーバーの環境にあわせて決定します。ウェブサーバー内に cgi-bin ディレクトリがあり、実行権限が設定されていた場合は、cgi-bin ディレクトリの下に設定するのがいいでしょう。

スタティックディレクトリ

Movable Type の管理画面で利用するスタイルシートや画像ファイル等を保管するディレクトリです。デフォルトでは、アプリケーションディレクトリの mt-static となりますが、必要に応じて移動あるいは名称を変更しても構いません。

ウェブサイトディレクトリ

Movable Type が作成するウェブサイトを保管するディレクトリです。

Movable Type のインストール例

インストール先の具体的な例を紹介します。

共有ホスティング環境などで、同じドメインで管理画面とウェブサイトを作成するときは、以下のように設定します。

  • アプリケーション ディレクトリ
    /home/example/www/mt

  • ウェブサイト ディレクトリ
    /home/example/www

この場合は、ウェブサーバーで特別な設定は必要ありません。同じドメイン内で、管理画面とウェブサイトが公開されます。そのかわり、/mt ディレクトリ以下にはコンテンツを作成しないように気をつける必要があります。

  • 管理画面のURL
    http://www.example.com/mt/mt.cgi

  • ウェブサイトの公開URL
    http://www.example.com/

文字エンコーディングの決定

Movable Type は多言語対応しており、日本語について次の文字エンコーディングをサポートしています。

  • UTF-8
目次