Movable Type CMSプラットフォーム Movable Type
ドキュメントサイト

Release Notesリリースノート

Movable Type 7 ベータ 3 リリースノート

Movable Type 7 ベータ3 では、ベータ2 リリース以降にいただいたフィードバックへの対応や、いくつかの新しい機能の追加や、改善がおこなわれています。

実装された機能

ブロックエディタの UI を全面改訂

ブロックエディタの UI を全面的に見直しました。

revise_block_editor.png

これまでのブロックエディタでは、ブロックが独立していたために、全体のイメージが掴みにくい懸念がありました。また、ブロックをたくさん追加したとき、編集画面が全体的に長くなってしまい使いにくい印象がありました。 この問題点を改善するため、新しいブロックエディタでは、ブロックのコンテンツの確認や編集を行う「プレビュー」モードと、ブロックの並び替えを行う「並び替え」モードを切り替えて利用するようになりした。

block_editor_reorder.png

テキストや埋込ブロックの内容は、プレビューモードでインライン編集が行えます。それ以外のブロックでは、ブロックをクリックすることで表示される「編集」ポップアップかオプションの変更ができます。ブロックの削除も同様に「削除」ポップアップから行ないます。

block_editor_popover.png

マルチブログ機能をコアに統合

これまでプラグインとして提供していたマルチブログの機能をコアに統合しました。これに伴い、名称を「Rebuild Trigger(再構築トリガー)」に変更しています。また、マルチブログで追加されたテンプレートタグ(MTMultiBlogなど)はそのまま動作しますが、MTSites タグなどのタグにおいて、mode もモディファイアをサポートしているので MTMultiBlog タグで括らずに利用することができます。

再構築トリガー

これまでプラグインの設定で行っていた再構築トリガーの作成を各サイトの「設定」メニューから行えるようにしました。

rebuild_trigger_menu.png

トリガーの一覧画面は、プラグインのものより見やすさを向上しました。

trigger_list.png

トリガーの作成は、コンテンツタイプに対応しているのでコンテンツデータの作成をトリガーとする再構築を行うことができます。また、作成画面では、現在の選択をわかりやすく表示しているため、内容を確認しながらトリガーを作成できます。

create_trigger.png

検索 CGI がコンテンツタイプに対応

コンテンツタイプに対応した mt-cdsearch.cgi を同梱しています。コンテンツタイプに含まれるフィールド(一部対象外あり。下記参照)を対象にした検索ができます。

検索されるフィールド

検索対象となるのは、テキスト、数値で値が保存されるコンテンツフィールドあるいは、アセットやタグなど ID でリンクされたコンテンツフィールドの内容です。 手入力されるラベルや、日付並びに LOB 型のフィールドの値は検索対象外となります。

日付範囲指定

特定の日付、日付の時刻型のフィールドの値あるいは、公開日をもとにした日付の範囲を指定できます。

検索結果のソート

検索結果のソートには、mt-search.cgi と同様に SearchSortBy と SearchResultDisplay が利用可能です。SearchSortBy に field:xxxx (xxxx はフィールドのID、ユニークID、または名前)を指定すると指定されたフィールドの内容をもとにソートされます。

クエリパラメータ

IncludeBlogs
検索対象にする サイトの ID をカンマ区切りで指定します
ExcludeBlogs
検索対象にしないサイトの ID をカンマ区切りで指定します
SearchContentTypes
検索するコンテンツタイプの ID、ユニークID、または名前を指定します。AND, OR, NOT を利用した Lucene クエリが利用できます
SearchSortBy
検索結果をソートするフィールドを指定します。field:xxxxx (xxxxはフィールドのID、ユニークIDまたは名前)形式で指定します
SearchResultDisplay
検索結果のソート順を指定します
Template
検索結果テンプレートを指定します
archive_type
日付範囲指定する際に利用する日付の範囲をアーカイブタイプ名で指定します。year パラメータが必須になります
author
コンテンツデータの作者を ID でフィルターできます
blog_id
検索のベースになるサイトの ID を指定する
content_field
コンテンツフィールドのの内容でフィルターできます。(XXXXは コンテンツフィールドのユニークIDか名前。VVVVはフィルターの値)形式で指定します
date_field
日付の範囲指定に使う Date & Time 型または、Date 型のフィールドの名前または、ユニーク ID を指定します。指定がない場合は、公開日が利用されます。
day
日付の範囲指定における「日」を指定します。
limit | count
1 ページあたりのの検索数を指定します
limit_by
ひとつ以上のスペースで区切られた検索フレーズの条件を指定します
all
全てのフレーズを含む(AND 検索)
any
いずれかのフレーズを含む(OR 検索)
exclude
全てのフレーズを含まない(AND NOT 検索)
month
日付の範囲指定における「月」を指定します
offset | startIndex
検索結果の取得開始位置を指定します
page
検索結果のページを指定します
search, searchTerms
template_id
検索結果テンプレートの ID を指定します
year
日付の範囲指定における「年」を指定します

廃止された機能

  • [MTC-11843] 新しいユーザーのブログ自動作成機能は廃止されました。

変更された機能

  • [MTC-25252] mt-atom.cgi はカテゴリセットに属するカテゴリをロードしなくなりました。また、コンテンツタイプへの対応は行なわれません。
  • [MTC-25179] mt-xmlrpc.cgi はカテゴリセットに属するカテゴリをロードしなくなりました。また、コンテンツタイプへの対応は行なわれません。
  • [MTC-25238] 同一コンテンツタイプ内では、コンテンツフィールド名の重複は禁止になりました。
  • [MTC-25114] 新規ユーザーは、サインインに関する権限(CMS、DataAPI)がを自動で付与されず、新規作成画面の入力に従うようになりました。
  • [MTC-25192] コンテンツデータの一覧において、Date & Time 型とTime 型は入力された時間n がそのまま表示するように変更されました。
  • [MTC-24839] 以下のタグにおいてコンテンツタイプを指定するモディファイアの名称を content_type に統一しました。(MTContents、MTContentNext、MTContentPrevious、MTAuthorHasContent、MTContentCalendar、MTContentsCount、MTAuthorContentCount、MTSiteContentCount)

改善された機能

  • [MTC-25195] セレクトボックス型のコンテンツフィールドが複数の選択を許可しているとき、初期値を複数設定することができるようになりました。また、初期値が設定されていない場合は、コンテンツデータ作成画面において、「Not Selected」が追加され、初期状態で選択されるようになりました。
  • [MTC-25018] メインコンテンツ領域をスクロール可能にする新しいクラス「.mt-mainContent—scrollable」を追加しました。セカンダリーパネルとは独立してスクロールさせることができます。
  • [MTC-25211] 記事編集画面、コンテンツデータ編集画面におけるカテゴリフィールドの編集 UI を見直しました。
  • [MTC-25091] 記事、ウェブページ、コンテンツデータの一覧におけるタイトル列のデザインを見直しました。

新しく追加、または変更されたテンプレートタグ

MTHasPlugin

name モディファイアで指定されたプラグインが存在し、且つ有効な場合に実行されるブロックタグです。

モディファイア

name
必須。プラグインの名前を指定します。多くの場合、プラグイン一覧に表示される名称です。デフォルト値はありません。

MTContentTypeDescription

コンテンツタイプの概要を表示します。

MTContentTypeID

コンテンツタイプの ID を表示します。

MTContentTypeName

コンテンツタイプの名前を表示します。

MTContentTypeUniqueID

コンテンツタイプのユニークIDを表示します。

MTContentCalendar

コンテンツデータに対応した MTCalendar タグです。month モディファイアで指定された月のカレンダーを表示するためのブロックタグです。MTCalendarIfEntries / MTCakendarIfNoEntries タグの代わりに MTCalendarIfContents / MTCalendarIfNoContents を利用します。

モディファイア

date_field
カレンダーの元となる日付を ‘modified_on’, ‘authored_on’, ‘created_on’ または 日付/時刻型のフィールドの ID, ユニークID, またはラベルを指定します。
month
this, YYYYMM, last に加えてnextを指定可能にする。nextを指定したときは翌月のカレンダーが生成されます。
category_set
カテゴリセットのIDまたは名前を指定すると、指定されたカテゴリセットのカテゴリを元にカレンダーを作成します。category と組み合わせ可。
category
指定したカテゴリ名のカレンダーを作成します。category_set と組み合わせると、指定されたカテゴリセットのカテゴリをもとにカレンダーを作成します。

MTContentLabel

コンテンツデータの識別用ラベルの値を表示します。

新しく追加、または変更された環境変数

PluginAlias

プラグインシグネチャとプラグイン名が異なるプラグインに対して、別名を定義できます。この環境変数は、Movable Type が内部的にプラグインシグネチャの別名を自動で設定する際に利用されます。

修正された問題

  • [MTC-25101] コンテンツタイプの編集画面において、コンテンツフィールドを開閉するとタイトルが被る問題を解決しました。
  • [MTC-25204] いくつかの場面におけるマウスカーソルのスタイルを調整しました。
  • [MTC-25111] Internet Explorer 11 で、タグサジェスチョンが動かない問題を解決しました。
  • [MTC-24852] システム管理者権限を有するとき、他のシステム権限を変更できないにもかかわらず、編集可能であった問題を解決しました。
  • [MTC-25177] Embed 型のブロックで、フォームが表示されない問題を解決しました。
  • [MTC-25191] mt-search.cgi でカテゴリ、ユーザー、カスタムフィールドのフィルターが動作しない問題を解決しました。
  • [MTC-24946] Safari でモーダルのクローズボタンが表示されない問題を解決しました。
  • [MTC-25194] アセット型のコンテンツフィールドに画像を指定したとき、コンテンツデータのプレビュー時にエラーが発生する問題を解決しました。
  • [MTC-25182] Single Line Text 型のコンテンツデータにおいてインデックスが 255 文字までしか認識されていない問題を解決しました。

Thanks To

このリリースには Movable Type コミュニティーから報告された多くの、バグ修正、パッチ提供が取り込まれています。FogBugz / Jira を通じてパッチおよび、バグレポートを提供してくださったコミュニティーメンバーのお名前は以下の通りです。皆様のご協力に感謝します!(順不同、敬称略)

  • Cherry-pick及川 (MTC-25195)

Movable Type 7 の動作環境とサポートするブラウザ

推奨環境

  • Perl: 5.18.x
  • MariaDB 10.1
  • Nginx + Starman または Apache 2.4x + Starman
  • PHP 7.0x

サポート対象ブラウザ

  • Google Chrome 最新版
  • Safari 最新版
  • Firefox 最新版
  • Internet Explorer 最新版
バージョン
年別アーカイブ