movabletype.jp
検索

Movable Type Writer(仮)を使ってみよう

先日の記事で告知した通り、6月 11日 の Data API & Chrome 勉強会 では、Data API についての教材のひとつとして、「Movable Type Writer(仮)」という Chrome アプリを利用します。

Movable Type Writer(仮)とは?

Movable Type Writer(仮)」は、Data API を利用した軽量な記事投稿ツールです。

Movable Type Writer

(画面は開発中のものです。予告なく変更される可能性があります。)

Data API のサンプルのひとつという位置づけはありますが、日常的にもきちんと使えるツールを目指しています。また、Movable Type レゴブロック構想のひとつの形でもあります。

Movable Type Writer(仮)をインストールしてみよう

パッケージのダウンロード

Movable Type Writer(仮)」は、開発途中のプロダクトです。将来的には、Chrome ウェブストアからインストールできるようになる予定ですが、現在は GutHub からダウンロードして利用する形になります。

git コマンドが利用できる場合は、git clone すれば、いつでも最新のバージョンが利用できます。git コマンドが利用できない場合でも、「Movable Type Writer(仮)」のレポジトリから、zip ファイルをダウンロードして使い始める事ができます。

git を利用する場合

git のGUI ツールが利用できる場合は、各ソフトウェアの手順に従い、以下のレポジトリをクローンしてください。

https://github.com/movabletype/MovableTypeWriter

または、コマンドラインから 以下のコマンドを実行してください。

git clone git@github.com:movabletype/MovableTypeWriter.git

zip ファイルを利用する場合

  1. GitHub で公開されている、「Movable Type Writer(仮)」のレポジトリをブラウザで開く
    https://github.com/movabletype/MovableTypeWriter
    
  2. 「Download ZIP」というボタンをクリックして、ファイルを保存する Movable Type Writer on GitHub
  3. ダウンロードした ZIP ファイルを解凍する

Chrome へのインストール

以下の手順に従い、Chrome アプリのインストールを行ってください。

  1. Google Chrome を起動する
  2. Google Chrome の [環境設定] を開く
  3. [拡張機能] のタブを選択する
  4. [デベロッパーモード] を有効にする
  5. [パッケージ化されていない拡張機能を読み込む] ボタンをクリックし、先ほどクローン、或いはダウンロードした Movable Type Writer(仮)のディレクトリを選択する

インストールが正常に完了した場合、[アプリ] のタブの中に、「Movable Type Writer」というアイコンが見つかります。必要に応じて、デスクトップなどにショートカットを作成してください。

Movable Type Writer(仮)を使ってみよう

初期設定を行う

[アプリ] タブに表示されている「Movable Type Writer」のアイコンをクリックするか、先ほど作成したショートカットから、Movable Type Writer を起動してみましょう。

初めて Movable Type Writer(仮)を起動すると、初期設定のためのダイアログが表示されます。

Movable Type Writer - Settings

(画面は開発中のものです。予告なく変更される可能性があります。)

Data API スクリプトの URL 、Movable Type のユーザー名とパスワードを入力して、[Save] ボタンをクリックしてください。(Data API のスクリプトは、通常 Movable Type の CGI がインストールされたディレクトリに mt-data-api.cgi というファイル名で存在します。)

入力された内容に誤りがある場合、エラーメッセージが表示されますので、URL、ユーザー名、パスワードを確認した上で、再度操作を行ってください。

Data API 経由でのサインインに成功した場合、成功した旨のメッセージが表示されますので、[Close] ボタンをクリックしてダイアログを閉じてください。

記事を書いてみよう

準備ができたら、[Blog] の中から、記事を投稿するサイトを選択して、タイトルと本文を入力してみましょう。本文は、WYSIWYG エディタを利用することができます。

画面上部の [Post] をクリックすると、入力された内容が Data API 経由で サーバーに送られ、記事の公開まで行います。

Movable Type Writer で書いてみよう (画面は開発中のものです。予告なく変更される可能性があります。)

Data API & Chrome 勉強会

6月 11日 の Data API & Chrome 勉強会 では、「Movable Type Writer(仮)」のコードを含め、他にもいくつかの Data API の使い方についての説明を行います。また、Chrome アプリ・拡張機能の作り方についても学ぶ事ができます。

MT Hackathon @ Six Apart New Office 〜Data API で Chromeアプリを作ろう〜

また、6月 28日には、シックス・アパートの新しいオフィスでの MT ハッカソンも開催されます。こちらも引き続き参加者を募集しております。

Data API と Chrome アプリや拡張機能を組み合わせると、色々と面白い事ができます。もちろん、面白いだけではなく、普段の Movable Type ライフにも役立つはずです。

この機会に、是非触ってみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバック