movabletype.jp
検索

Movable Type プラデミー賞 2014 発表!

Movable Type プラデミー賞」に投票いただいた皆さま、ありがとうございました! 昨日投票を締め切り、集計いたしました。プラデミー賞受賞プラグインと、その他、投票のあったプラグイン、さらにいただいたコメントを紹介させていただきたいと思います。長くなりそうですので、前置きはこれぐらいにして、早速発表いたします!

PludemyAwards-banner.png

プラデミー賞 受賞プラグインは......

第1位 プラデミー賞

MTAppjQuery 作者:bit part

おめでとうございます! 栄えある第1回 Movable Type プラデミー賞受賞プラグインは、bit part さんの MTAppjQuery となりました。

MTAppjQuery は、Perl の知識が無くても、jQuery の簡単な記述で Movable Type の管理画面をカスタマイズすることができる、とても人気のあるプラグインです。今回の受賞も納得!という感じですね。

以下、MTAppjQuery にいただいたコメントを紹介します!

  • 管理画面のカスタマイズ等々、これが無ければどれだけ大変か・・・いつもお世話になってます。
  • Perlの知識が無くても管理画面をカスタマイズできるので重宝しています!
  • 管理画面のカスタマイズにはもう無くてはならない存在です。これとalt-tmplの仕組みがあればだいたいのことはできてしまうほど重宝しています。
  • 案件に併せた管理画面のカスタマイズは、CMSへのクライアントの満足度に直結すると思います。簡単に細やかな調整ができるこのプラグインに、ずいぶん助けられています。
  • サイト製作者のMTの管理画面へのアプローチを変えた名作。
  • もはや標準環境。ほぼすべてのMT構築プロジェクトで利用させていただいています。ありがとうございます。有料版になったけど今後もお世話になります。

などなど、他にもたくさんのコメントをいただきました。今年、ライセンス体系が整備され、個人無償ライセンス・開発者ライセンスの Movable Type で使用する場合は無料、通常の(商用で利用される)Movable Type で使用する場合は商用プラン、という形のデュアルライセンスになっているそうです。まだ使ったことがない......という方は、これを機に、ぜひお試しください!

bit part さんには、賞品の Amazon ギフト券を、後ほど進呈させていただきます。おめでとうございました!

2位〜5位のプラグイン

MTAppjQuery の強さを魅せつけられた結果となったものの、2位以降にも名だたる名作プラグインが名を連ねています。1位を発表するだけではあまりにももったいないので、2位〜5位も見てみましょう!

第2位

PageBute 作者:株式会社スカイアーク

MTAppjQuery と最後までデッド・ヒートを見せてくれたのがこちら。Movable Typeで生成するHTMLを、静的ページを生成する形でページ分割してくれるプラグインで、長らく多くの方々に愛用されています。惜しくも2位となりましたが、熱いコメントをたくさんいただきましたので、紹介します!

  • 99.9%の案件で利用させて頂いております。
  • 自サイトが静的なページなので、MT5以降常用しています。
  • 静的ページ分割大好きです。
  • 以前はリストが自動でできちゃうところにデザインののせづらさもありましたけど、バージョンアップして細かく設定できるようになったので重宝してます。
  • こちらもデフォルトで搭載していただきたいですwww 静的ファイルを出力しなければならないという理由で、MovableType を選択するケースがひじょうに多いです。そういった案件ではPHPすら使用できませんから、PageBute一択です。
  • ページングのプラグインとして一番使いやすいと思います。MTの標準の機能でページングできるようになれば嬉しいです。

やはり静的ページ分割は需要が高いようですね。多少予想はしておりましたが、「コアに標準搭載してほしい」という意見もとても多いプラグインでした。

第3位

UploadDir 作者:エムロジック株式会社

続いて第3位は、こちらも長らく愛用されている名作プラグイン、UploadDir。アイテムをアップロードするディレクトリをあらかじめ指定することができるプラグインです。まずは皆さんのコメントをどうぞ。

  • MTをインストールしたら、まずはこのプラグインを入れる事から始まります。
  • これがないと、サーバー内でファイルが散乱するので、ほぼ確実に使わせてもらってます。
  • 投稿者の多いサイト運営時にとても重宝しています。おかげでサーバー内が整理整頓、いつもきれいになりました。
  • MTAppjQuery入れるまでもないときとかには最低限として入れときたい。ImageUploadUtility とどちらにするかが悩ましかった。
  • MT4の時代からあるプラグインで、その当時からほとんどバージョンアップしていませんが、MT6となった現在においても有用。MTのプラグインは、MT3や4の時代のものが今でも使えることが結構あるので非常にありがたいのですが、このプラグインもその一つと言えます。

特に投稿する人が多いサイトなどでは、アイテムのアップロード先がバラバラになると、とても管理者泣かせ。それをズバっと解決するプラグインです。これを使っているWEB制作者の皆さんは、「必須」「必ず入れる」「まず入れる」と言う方が多いように思います。こちらもコアに標準搭載の要望が多いプラグインでした。

第4位

PowerCMS 作者:アルファサード株式会社

第4位はこちら。おっきいの来ましたね(笑)。PowerCMS は、MT に、多段階の承認ワークフローや、ステージングサーバー連携などなど、ハイエンドCMSのような高機能を追加することができるプラグインです。では、コメントをどうぞ。

  • 使えば使うほど奥が深い。今更ながらに、こんな機能が・・・というのがザクザクと。
  • 噛めば噛むほど奥が深く、便利(そして、サポートが手厚いです)。
  • 一択! 自作自演と言われようが! これ一択だもの。
  • 組織票ですw

おっと(笑)。後半、あからさまに組織票も混じっているようですが、今回は「自作プラグインへの投票もOK」とさせていただいたので、もちろんOKです。Movable Type には、上位版の Movable Type Advanced もあり、エンタープライズで多く利用されていますが、それはやはりこの PowerCMS のように、機能を大幅に強化しエンタープライズ対応できるプラグインの存在が大きいと思います。これからもよろしくお願いいたします!

5位

QuickRebuild 作者:ToI企画

第5位には、再構築系のプラグインが入りました。ワンクリックで特定のアーカイブタイプのみを再構築、もしくはワンクリックでシステムの全てのブログを再構築することができる、再構築機会の多いWEB制作者にはとても有難いプラグインです。

  • 複数のブログを再構築しなくちゃいけない事案で重宝。特にクライアントワークでは必ずいれます。
  • ブログを複数個使う中〜大規模の案件では大抵使う。こちらもお世話になっています〜。
  • まさに黒子の機能。実は無いととっても不便です。今年5年ぶりのアップデート。ありがとうございました。
  • なぜこのプラグインが標準装備されないのか!と思えるぐらい必須プラグインになっています。プラデミー賞とって標準装備にしてくれ~!(笑)

残念ながらプラデミー賞は逃してしまいましたが(笑)、熱いコメント、ありがとうございます。コメントにもあるとおり、まさに黒子の機能ですね。

以上、2位〜5位の発表でした。ここまでは、WEB制作者の皆さんにとっては、ウンウンとうなづける結果が並んでいるのではないかなと思います。

その他、投票のあったプラグイン

6位以降については、票数が少数&同数のものが多くなるため、順位は無し!ということで、投票のあったプラグインといただいたコメントをズラリと紹介させていただきます!

  • Uploader for MT

    ノーマルなMTにステージング機能だけ付けたい!という時にはコレですね。サーバ環境のクラウド化が進んでいるイマ、再び注目。

  • mt-plugin-snippet

    アルファサードさんのGithubリポジトリで配布されているプラグイン。HTMLとMTMLだけで管理画面の入力欄が自由に作れるのがすごく便利。

  • MTCMS

    特に以下のものが好評。workflow:公開前承認、SiteSync:サーバ配信、AssetPublishity:アイテムをいきなりWebサーバにあげず、記事の公開と合わせ公開、SafePreview:プレビュー時に一時的に作成されるHTMLを非公開領域で作成

  • ReleaseDate

    日付変更など意識せずに公開することが可能であるため。yamlファイルなどを変更すれば良いのかもしれませんが、編集が怖いのでプラグインを利用しています。

  • EmojiForTinyMCE

    かわいい絵文字をありがとうございます。表情絵文字、とっても助かっています。大好きです。使い方が難しいのもあって、使えないのもありますが・・・

  • CharsetEncoder

    エンコードをUTF-8に変更できないパターンが多々あるため、無くてはならない存在です。

  • Split

    配列化しないと表現できないものが多いので、重宝しています。標準機能として加えていただきたいです。

  • ExtendTinyMCE

    他のプラグインと比較してextention.jsだけで管理できるのでとても便利。ある程度設定したものを初期セットに登録しています。

  • DynamicMTML

    これがあるだけで、一気に組み立てられる世界が広がります。

  • ImageUploadUtility

    画像関連の「保険」として、予算的に可能であれば必ず設置しているプラグインです。MovableType を必要とする層を考えると、デフォルトで搭載していただきたい機能ではありますwww

  • AnotherCustomFields

    本来のあるべきフィールドの追加をメタレベルで手順化した逸品。

  • Copy This Entry

    なぜ標準機能にないのかと思うくらい便利なプラグインです。今後お仕事でMTを使うときには必ずインストールすることになると思います!

  • Multi Uploader

    画像などのファイルアップロードを複数点したいときにまとめてでき、非常に重宝しております。

  • EnhancedCategory

    カテゴリチェックは必須にしてもらうのに、これも良く使わせていただきました!

  • EntryPrefsFixer

    お客様向けのMTアカウントが沢山ある場合に、表示の調整の手間を大きく軽減してくれるので重宝しています。MT5の時代から使っていますが、MT6でも使用可能。

  • MoreAnalytics

    GoogleAnalyticsの情報をMT管理画面から確認する事が出来て画期的と思います。今後更なるバージョンアップを期待しています。

  • SyncedTheme

    実際の案件では使ったことはないけど、これを使って開発フローを少しでも改善したい。

  • GoogleMapsCustomFields

    GoogleMap入れるときは必須プラグイン。住所から地図選出もさることながら、マーカーをドラッグ&ドロップで直感的に微調整もできるすぐれもの。

  • FiscalYearlyArchives

    自社案件で唯一利用する自社製でないプラグイン。CMS利用、企業サイトではほぼ必須。

  • A-form

    問合せフォームを簡単に作成。

  • Assetylene

    エントリー投稿時、アイテムをアップロードした際のHTMLテンプレート等をカスタマイズするためのプラグインです。アイテムを使う際のHTMLテンプレートを、使用しているテーマに依存することなく出力できるようになるため結構重宝しています。変数等も公開されているため、アイテムの種類により分岐することも出来るようになっています。

  • SuperSort

    カテゴリが並び替えられるようになる前に、大変お世話になっていました。今だからこそ是非賞をあげたい!

  • RebuildEntry by ColumnValue

    話題に上がっているのを見たことないですが、これぐらい画期的なプラグインは無い。

  • Tagging Helper

    どうでもいいタグ付けが散乱しなくて助かってます。

  • CKEditor for MT

    ON/OFFが可能、カスタムフィールド、本文、復数の対象に反映可能、ボタンやテンプレート機能のカスタマイズが本体のTinyMCEより簡単、カスタマイズが管理画面から可能。

  • MTEnclosure

    海外製でしかも古いものなので、なんなのですが。密かによく使わせていただいてます。

  • MultiBlog

    MTをCMSとして構築することが多いので、複数のブログを使って、管理と負荷を分散させることができるので重宝しています。

以上です。既にコアに同等の機能が実装されて現在は使わなくなったプラグインにも、「大変お世話になっていたので、今だからこそ是非賞をあげたい!」と投票いただいたり、「自社プラグインですが、ほんとに欲しくて作った」と投票いただいたり、さまざまな思いを聞くことができました。

必然的に、現場でどういった課題があるのか、なども見えてくるかと思いますので、WEB制作の現場の皆さん、プラグインを作ってくださっている開発者の皆さんのみならず、弊社のMT開発チームにもぜひ、じっくりと読んで参考にしてもらえると嬉しいです。

Movable Type プロダクトマネージャ・リードエンジニア高山裕司より

ということで、最後に、Movable Type プロダクトマネージャ・リードエンジニアの高山裕司より、上記の結果についてコメントをもらいました

bit part さん、プラデミー賞受賞おめでとうございました! 上位入賞のプラグインは、コミュニティの皆さんをはじめとして、「現場でよく利用しています。」という声が多いプラグインがノミネートされた印象です。Web 制作をラクにする為のプラグイン。現場の方が実際に記事を書いたり、アイテムをアップロードする時に必要なプラグイン。機能を増やすことでは無く、むしろ機能を削るプラグイン。プラグインと一口に言っても様々なプラグインがあると思います。コアでサポートをした方がよいと思えるものもいくつかありますし、実際に検討をしているものもあります。将来の Movable Type にご期待ください! (来年は、拙作のプラグインも上位に食い込めるように、がんばりたいと思います(笑))

最後に

さて、今回は、第一回ということで、今活躍してくれているプラグインを紹介したい意味もあり、特に細かな制限は設けずに開催しました。すべてのコメントを紹介できず、無念ではありますが、またいろいろとやり方を模索しつつ、来年も開催したいと思っております。その際はぜひ、またたくさんの投票、コメントをいただけると嬉しく思います。

個人的には、わたくし(マーケティング・マネージャです。ニュース、セミナー案内などなど、日々のWebの更新も担当しております)が、高山におねだりして作ってもらった Copy This Entry に、投票(2票ですが!)いただいたことが、ちょっと嬉しかったです。Copy This Entry は、私のように、日々、似たような記事をたくさん書く人にとっては救世主です。最近リリースしたプラグインなので、今回は2票しかもらえませんでしたが(笑)、きっといつかこれも「コアに......」という要望が増えるに違いありません! 皆さんもぜひ一度使ってみてくださいね。お客様に喜ばれるのではないかと思います。

最後になりましたが、今回投票いただいた皆さんの中から抽選で、トフぐるみをプレゼントいたします。当選者の方には、発送先のご住所をお知らせいただくため、投票時に入力いただいた連絡先に連絡させていただきますので、今しばらくお待ちください。

それでは、皆さま、良いお年をお迎えください! 2015年も、たくさんのステキなプラグインが生まれますように!

シェアする

トラックバック