Movable Type CMSプラットフォーム Movable Type
ドキュメントサイト

Config Directives Reference環境変数リファレンス

NoOverride

最終更新日: 2017.10.04

この環境変数は Movable Type 4.2 から SearchOverride に統一されました。Movable Type 4.2 以降では SearchNoOverride をご利用ください。機能および挙動は同じです。

検索用パラメータとして使用可能な環境変数について、値の上書きを禁止します。ここで指定した環境変数には、mt-config.cgi 内で指定した値のみが使用されます。

値の上書きを禁止したい環境変数が複数ある場合は、カンマ区切りで指定できます。

初期状態の検索機能では、ほとんどの検索用パラメータが検索テンプレートで上書きできる仕様になっています。逆に言うと、ユーザーは検索時のクエリの値で、検索結果をコントロールできる状態になっています。これは便利ですが、ときに危険を伴います。

例えば、あなたが一般公開したくないプライベートなブログを作っている場合、検索テンプレートに「IncludeBlogs」や「ExcludeBlogs」を指定し、そのブログを検索対象から除外できます。しかし、そのような設定をおこなっていたとしても、検索結果に表示するブログ ID を強制的に指定することで、本来公開したくないブログの記事を、検索結果に表示させることができてしまいます。

NoOverride で上書きを禁止する環境変数を指定すると、検索テンプレートや検索用パラメータから、設定値の上書きができなくなります。

使い方

NoOverride SearchMaxResults,IncludeBlogs,ExcludeBlogs

NoOverride と関連のある環境変数 (28)

  • Movable Type で利用する全文検索用スクリプトの名前を設定します。
  • mt-search.cgi の検索結果に使用するテンプレートにかけられているセキュリティ上の制限を無効化します。
  • 検索結果テンプレートで MTEntryExcerpt ファンクションタグを利用した場合に表示する概要の文字数を設定します。
  • 検索した結果をデータベースにキャッシュしておく時間 (秒) を設定します。
  • 検索時のタイムアウト値を秒単位で指定します。
  • 検索結果の並べ替えの順序を指定します。
  • デフォルトで使用するサイト検索結果のテンプレートを設定します。
  • 検索結果を表示するときの、1 ページごとの表示件数を指定します。
  • 検索結果に使用する代替テンプレートを指定します。
  • タグ検索で、@ で始まるプライベートタグを検索対象にするか設定します。
  • サイト検索についてのデフォルトの処理を指定します。
  • 検索結果に使用する代替テンプレートを指定します。
  • 検索結果の並べ替えの順序を指定します。
  • 正規表現によるサイトの検索を有効にします。
  • 指定した ID のブログを検索対象から除外します。
  • SearchThrottleSeconds で設定したタイムアウト時間に関係なく、検索可能にする IP アドレスを指定します。
  • 検索結果テンプレートで MTEntryExcerpt ファンクションタグを利用した場合に表示する概要の文字数を設定します。
  • 検索用のテンプレートファイルが設置されたディレクトリディレクトリパスを指定します。
  • 通常の検索において、検索対象とする期間の初期値を指定します。
  • デフォルトで使用するサイト検索結果のテンプレートのファイル名を指定します。
  • サイトの検索対象となるブログを設定します。
  • 検索対象を指定します。
  • mt-search.cgi を使った検索をする際に、検索の対象を初期設定できます。
  • Movable Type で利用する検索用スクリプトの名前を設定します。
  • 検索結果を並べ替えるときの基準を指定します。
  • 検索結果を表示するときの、1 ページごとの表示件数を指定します。
  • 検索用パラメータの設定値の上書きを禁止します。
  • 検索用パラメータの設定値の上書きを禁止します。