Movable Type CMSプラットフォーム Movable Type
ドキュメントサイト

Config Directives Reference環境変数リファレンス

TypeKeyVersion

最終更新日: 2017.10.03

TypeKey(TypePad Connect)のサービス終了にともない、現在この環境変数は利用できません。

テンプレートは TypeKey のバージョンに応じて設定されます。このオプションによって、テンプレートが使う TypeKey のバージョンを知ることができます。通常、デフォルトの設定で問題はありませんが、古いテンプレートでは TypeKey プロトコル・バージョン 1 を使うようにハードコードされています。

使い方

TypeKeyVersion 1

初期設定値

1.1

TypeKeyVersion と関連のある環境変数 (21)

  • ブラウザに発行する Cookie 名を設定します。
  • コミュニティソリューションで使用する CGI スクリプトファイルの名前を指定します。
  • ブログで許可する認証方式の初期値を設定します。
  • CAPTCHA 認証に使用する画像ファイルのあるディレクトリを指定します。
  • コメント受信の可否をシステムレベルで設定します。
  • Movable Type で利用するコメント用のスクリプトファイルの名前を指定します。
  • サインインしたコメント投稿者のセッションの有効期限が切れるまでの秒数を指定します。
  • Movable Type へのユーザー登録に関する設定をおこないます。
  • Movable Type が公開鍵を取得する先の URL を設定します。
  • 通常の検索において、検索対象とする期間の初期値を指定します。
  • 通知メールの reply-to にコメントやトラックバックの送信元のメールアドレスを設定したい場合に使用します。
  • nav-commenters.gif ファイルの公開設定をおこないます。
  • コメントやトラックバックの連続投稿を抑止する(再投稿できない)時間を秒単位で指定します。
  • TypeKey システムの互換システムを利用して、認証する際の URL を設定します。
  • 認証サービスを利用するための環境設定で、接続する認証サービスの URL を設定します。
  • Movable Type をプロキシサーバーの後ろに設置している環境で、投稿されたコメントやトラックバックの本来の投稿元 IP アドレスを取得する場合に指定します。
  • Movable Type のテンプレートが利用する TypeKey プロコトル・バージョンを設定します。
  • TypeKey サービスの互換システムを利用して認証する際の URL を設定します。
  • Typekey サービスの互換システムを利用して認証する際の URL を設定します。
  • 受信したコメントやトラックバックの送信元 IP アドレスを表示し、受信を拒否する IP アドレスの登録を可能にします。
  • コメント登録の承認情報を確認するために使う DSA 公開鍵を指定します。