Movable Type CMSプラットフォーム Movable Type
ドキュメントサイト

Cloud Documentクラウド版 ドキュメント

FTPS ソフトウェアの設定方法とディレクトリの役割

FTPS ソフトウェアの設定方法

代表的な FTPS クライアントソフトウェアである FileZilla(3.5.3_win32) を例に設定方法をご紹介します。なお、FileZilla はお客様の責任においてご利用ください。

  1. FileZilla のメニューバーから [ファイル] - [サイトマネージャー] をクリックする
  2. ポップアップ画面の左下メニューから [新しいサイト] をクリックする
  3. [一般] タブを開き以下の内容を入力する
    ホスト

    Movable Type クラウド版 初期セットアップ情報に記載されている FTPS 用 IP アドレスを入力します。

    Protocol

    "FTP - File Transfer Protocol" を選択します。

    Encryption

    "Require explicit FTP over TSL" を選択します。

    ログオンの種類

    "通常" を選択します。

    ユーザー

    FTPS ユーザー名を入力します。ユーザー名は、Movable Type クラウド版 初期セットアップ情報に記載されています。(管理者用、制作者用どちらでも可)

    パスワード

    上記ユーザーの FTPS パスワードを入力します。パスワードは、Movable Type クラウド版 初期セットアップ情報に記載されています。

  4. [接続] をクリックする
ScreenClip3-thumb-300x305-12544.png

ディレクトリの役割

alt-tmpl

アプリケーションのテンプレートをカスタマイズする場合など、デフォルトのテンプレートを上書きする際に、このディレクトリに設置します。

backup

定期的に保存されるバックアップファイルが保存されています。先にダウンロードしておいたバックアップファイルを、このディレクトリに配置することで、バックアップファイルをリストアすることがきます。

error

エラーページ用の HTML ファイルが置いてあります。

error.html

404 500 502 503 504 エラーが発生したときに表示される HTML ファイルです。任意の HTML ファイルに差し替えることができますが、ファイル名の変更はできません。

forbidden.html

403 エラー(許可されていない URL へのアクセス)が発生した HTML ファイルです。任意の HTML ファイルに差し替えることができますが、ファイル名の変更はできません。

unauthorized.html

401 エラー(Basic 認証に失敗)が発生したときに表示される HTML ファイルです。任意の HTML ファイルに差し替えることができますが、ファイル名の変更はできません。

export

サイトのエクスポート(Movable Type 6 ではバックアップ)のファイル出力先として使用されます。

files

ウェブアクセスさせたくないファイルをアップロード・配置しておくためのディレクトリです。

import

記事のインポート機能やサイトのインポート(Movable Type 6 では復元)機能で使用します。使用するインポートファイルをここにアップロードします。

mt-static
 

Movable Type が使用する静的ファイルをまとめたディレクトリです。

plugins

プラグインに含まれる静的ファイルをこのディレクトリに配置します。

support

ユーザー画像のサムネイルなど Movable Type が必要に応じて作成する静的ファイルが、このディレクトリに配置されます。

logs
アクセスログが日付単位で保存されています。
plugins

プラグインを追加するとき、このディレクトリにプラグインを配置します。

restore

Movable Type クラウド版の環境のリストア機能で使用します。「backup」ディレクトリからあらかじめダウンロードしておいたファイルをこのディレクトリにアップロードすることでリストア処理が開始されます。

search_templates

カスタマイズされた検索結果テンプレートを利用するとき、このディレクトリにファイルを配置します。

secret

一部のサードパーティー製プラグイン用に設けられたディレクトリです。プラグインご利用時に指示があった場合に限り、指定されたファイルをこのディレクトリにアップロードしてください。

static

Movable Type が生成するサイトのベースとなるディレクトリです。

初期ドメインでサイトを作成するとこのディレクトリがドキュメントルートになります。独自ドメインでサイトを運用する場合は、サイト URL で設定したドメインをもとにしたサブディレクトリが作成され、そのドメインのドキュメントルートとして利用されます。

themes

インターネットで配布されている Movable Type のテーマや、自身で作成したテーマをここに配置します。