movabletype.jp
検索

Movable Type 5.1 の新機能

Movable Type 5.1 では以下の新機能が追加されています。

新しいカテゴリとフォルダの管理画面と、並び替え

カテゴリとフォルダの一覧画面が新しくなり、並び替えができるようになりました。詳しくは、「カテゴリの作成と管理」、「フォルダの作成と管理」を参照してください。

カテゴリの一覧

新しい一覧画面

ブログ記事やコメントなどを管理する一覧画面が新しくなりました。Ajaxの採用で表示スピードが向上したほか、ソートやフィルターなどの機能を強化しています。詳しくは「コンテンツやユーザを一覧画面で管理する」を参照してください。

  • 表示オプションで、一覧に表示する項目を自由に追加できます。
  • 表示項目で、一覧をソートできます。
  • 複数の条件を指定して、一覧をフィルターできます。
  • 作成したフィルターに名前をつけて保存できます。
  • ページをまたがる全件選択ができます。
ブログ記事の一覧画面

以下の一覧画面で利用できます。ウェブサイト、ブログ、ブログ記事、ウェブページ、アイテム、タグ、コメント、トラックバック、ユーザー、コメント、メンバー、フィルター、カスタムフィールド、権限、ロール、禁止IPアドレス、アドレス帳、ログ、グループ(Movable Type Advanced)、グループメンバー(Movable Type Advanced)

開発者向けガイド

新しい一覧画面の機能を、プラグインで利用することができます。詳しくは、以下の開発者ガイドを参考にしてください。

投稿画面の変更

ブログ記事とウェブページの投稿画面を改善しました。

  • 投稿画面の入力項目をドラッグ&ドロップで並び替えできます。
  • MT4と同様に、プレビュー画面から保存、公開が可能です。
  • MT4と同様に、公開状態をプルダウンから選択するように変更しました。

テンプレート編集、MTタグの強化

複数のブログを組み合わせたウェブサイトのデザインをしやすくなりました。テンプレート編集画面や、MTタグが強化されています。

  • マルチブログで、複数ブログのコンテンツを表示するときに、特定のブログを除外できます。 include_blogs="BLOG_ID" と、exclude_blogs="BLOG_ID" モディファイアを同時に指定できます。
  • mt:Includeタグ に parent="1" モディファイアを追加しました。このモディファイアを指定すると、ブログの親ウェブサイトのモジュールをインクルードします。親ウェブサイトにモジュールが無い場合は、何もしません(システムのモジュールはインクルードしません)。
  • trim_to モディファイア に省略文字を指定できるようになりました。
  • 複数のブログを、IncludeBlogs パラメータで検索するときに、blog_id で、検索結果を表示するテンプレートを指定できます。blog_id を指定しない場合は、IncludeBlogs で最初に指定したブログのテンプレートを利用します。
  • テンプレートエディタのシンタックスハイライトのOn/Offを復帰しました。
  • テンプレートを編集するときに、そのテンプレートがインクルードしているモジュールを分かりやすく表示するようにウィジェットを改善しました。

  • カスタムフィールドの一覧に、カスタムフィールドの内容を出力するテンプレートタグを表示できます。

環境変数

  • LocalLib を追加しました。
  • ImageDriver に、Imagerを指定できるようになりました。

サポートブラウザの変更

サポート対象ブラウザが変更されています。以下のブラウザとバージョンが新しいサポート対象です。

  • Internet Explorer 8
  • Safari 最新版
  • Firefox 最新版

バージョン毎の機能比較表

機能 MT3.x MT4.x MT5.0x MT5.1x
ブログ記事
ウェブページ -
アイテム(ファイル)管理 -
カスタムフィールド(Pro) - ●(一部) ●(全オブジェクト) ●(全オブジェクト)
マルチブログ -
ウェブサイト管理 - -
更新履歴の保存 - -
テーマ機能 - -
カテゴリ・フォルダの並び替え - - -
一覧表示の項目追加、フィルタ、全選択 - - -

その他の詳細は、リリースノートをご覧下さい。

以上です。

Updated on 2012-02-21, 22:01 .

関連ページ