movabletype.jp
検索

Movable Type for AWS をアップデートする

Movable Type for AWS では、yum コマンドを利用したアップデートが可能です。

yum コマンドで Movable Type をアップデートする

Movable Type for AWS バージョン 6.0.4-0 以降を新規に起動している場合、yum コマンドでアップデートをおこなうことができます。以下の手順に従いアップデートを行ってください。

  1. 既存の環境のスナップショットを作成する

    以下のページを参考に、スナップショットの作成を行ってください。

    または、手動でバックアップを行ってください。

  2. yum コマンドでアップデートする

    nginx 版

    $ sudo yum clean all
    $ sudo yum update movabletype
    

    Apache 版

    $ sudo yum clean all
    $ sudo yum update movabletype-httpd24
    

    Movable Type Advanced 版

    $ sudo yum clean all
    $ sudo yum update movabletype-advanced-httpd24
    

MySQL の設定を変更する (Movable Type for AWS 6.2.0-1 以降)

MySQL のバージョンが変更になったことに伴い、my.cnf の設定を変更する必要があります。

変更するファイル
/etc/my.cnf
変更内容

[mysqld]セクションに以下の内容を追加します

socket = /data/database/mysql/mysql.sock

既存のデータをバックアップする

ユーザーデータ、アプリケーションデータ、データベースのバックアップを行います。

  1. 公開サイトのファイルをバックアップする

    標準では、Movable Type で公開したファイルは /data/file/static に出力されます。

    $ cd /data/file
    $ zip -r ~/static.zip static
    
  2. Movable Type の関連ファイルをバックアップする

    サポートディレクトリに生成されたファイルをバックアップします。

    $ cd /app/movabletype/mt-static
    $ zip -r ~/support.zip support
    
  3. データベースをバックアップする

    データベースのダンプファイルを作成します

    $ cd ~
    $ mysqldump -u root movabletype > ~/dump.sql
    $ zip ~/sql.zip dump.sql
    

独自にインストールしたプラグインやテーマは、必要に応じてバックアップを行ってください。

手動あるいは、新しいインスタンスで Movable Type をアップデートする

yum コマンドを利用せずに手動でアップデートを行う場合は、以下のページをご覧ください。

Updated on 2016-09-28, 14:06 .

関連ページ