movabletype.jp
検索

手動で Movable Type for AWS をアップデート

手動で Movable Type をアップデートする方法

手動で Movable Type を最新のバージョンへアップデートする事ができます。Movable Type 以外のソフトウェアを導入している場合には、こちらの手順に従い、アップデートを完了させてください。ただし、関連するサーバ群や、OS、ライブラリの管理をご自身で行う必要があります。

Movable Type for AWS 6.0.2 以前のバージョンをご利用の場合、OpenSSL の「Heartbleed」脆弱性に 手動で対応させることが難しくなっております。SSL を利用される場合は、『新しいインスタンスにユーザデータをコピーする方法(推奨)』でのアップデートをご検討ください。

Movable Type for AWS バージョン 6.0.3 で、パッケージ構成などが変更されているため、以下の手順でのアップデートは推奨されません。『新しいインスタンスにユーザデータをコピーする方法(推奨)』でのアップデートをご検討ください。

  1. 最新バージョンの Movable Type パッケージを入手する

    Movable Type 6 for AWS お問い合わせフォームからお申し込みください。リンク先のページは英語で表示されていますが、日本語での入力で構いません。
    お申し込み後、数日のうちにメールでダウンロード URL が届きます。

    Name: 必須
    名前(フルネーム)
    Mail Address: 必須
    メールアドレス
    AWS Account Number:
    AWS Management Console の、My Account ページに記載されている Account ID
    Detail:
    「Movable Type for AWS のRPM 希望」
    現在ご利用中の Movable Type for AWS のバージョンについても明記ください。
  2. 既存の環境をバックアップする

    アプリケーションディレクトリと、データベースのバックアップを行います。バックアップ先のアプリケーションディレクトリ名や、データベースのダンプファイルは、ご利用中の Movable Type のバージョン番号や、日付などを利用すると、管理が容易になります。

    % sudo mv /app/movabletype ~/movabletype_600
    % mysqldump -u root movabletype > dump_600.sql
    
  3. パッケージファイルをダウンロードする

    アップグレードを行う EC2 インスタンスに ssh でログインしたのち、/tmp/ などに パッケージファイルをダウンロードします。

    % cd /usr/local/src
    % sudo wget <メールに記載された URL>
    
  4. Movable Type の RPM パッケージをアップデートする

    ステップ 3. でダウンロードしたパッケージをインストールします。

    $ cd /tmp
    $ sudo rpm -Uvh movabletype-6.0.4-0.x86_64.rpm
  5. Movable Type のアップデートを行う

    ブラウザから Movable Type の管理画面にアクセスすると、アップデートが開始されます。

Updated on 2014-12-01, 20:48 .

関連ページ