Movable Type CMSプラットフォーム Movable Type
ドキュメントサイト

Movable Type 7 ManualMovable Type 7 マニュアル

Movable Type について

最終更新日: 2018.11.22

Movable Type とは

Movable Type は、2001年から開発が続く CMS(コンテンツ・マネージメント・システム) ソフトウェアです。ウェブサイトでの利用はもちろんのことながら、REST API を搭載しているので、様々なフロントデバイスから利用することが出来ます。また、Movable Type 7 から導入されたコンテンツタイプ機能により、柔軟で再利用しやすいコンテンツを設計・運用することが出来ます。

Movable Type 製品ファミリー

Movable Type は、オンプレミス環境にインストールして利用するソフトウェア版をはじめとして、いくつかの製品があります。

Movable Type ソフトウェア版

自社サーバーや、レンタルサーバなどのオンプレミス環境へインストールして利用できます。もっともベーシックな製品です。非営利・個人での利用を目的とした個人無償版や、プラグイン・テーマの開発の際に利用できる開発者ライセンスなど、複数のライセンスが存在します。

Movable Type Advanced

Movable Type の基本機能に加え、商用データベース(Microsoft SQL Server, Oracle Database)を利用した堅牢なシステムを構築することができます。また、LDAP サーバーと連携してユーザーの認証をおこなったり、ユーザーとグループの管理を LDAP サーバー側をマスターとして利用することができます。

Movable Type Advanced は、インストールするサーバーの台数に制限がないので、複数の Movable Type を利用したい場合などにも最適です。

Movable Type クラウド版

Movable Type をオンプレミス環境で運用する場合、OS やミドルウェアのセキュリティ対策や日々の運用が大変なことがあります。Movable Tyoe クラウド版では、Six Apart が管理・運用するクラウドサーバーにインストールされた Movable Type を利用することができます。煩わしいアップデートやセキュリティ対策は必要ありません。

Movable Type for AWS / Movable Type Advanced for AWS

Movable Type を AWS Maarketplafe から利用できます。AWS の様々なサービスと組み合わせて高負荷にも耐えうる堅牢なサイトを構築することができます。また、Movable Type の利用料金は $0.07 / 時 とリーズナブルなうえ、T2.micro / T2.nano インスタンスでは、ソフトウェア利用料は無償です。

Movable Type の著作権と利用許諾について

Movable Type / Movable Advanced を含む全ての Movable Type 製品の著作権は、シックス・アパート株式会社に帰属します。個別の製品についての利用許諾については、以下をご参照ください。

ライフサイクルについて

Movable Tyoe は、プロダクト・ライフサイクルポリシー に基づいて開発・テクニカル・サポートの提供が行われます。詳しくは、以下をご参照ください。

目次