movabletype.jp
検索

環境設定ファイル mt-config.cgi の設定

Movable Type を実行するための情報 (環境変数) のほとんどは、システムの初期値として設定されています。そのため、アプリケーション・ディレクトリやデータベースに関する設定等のご利用の環境にあわせた設定のみを、環境設定ファイル mt-config.cgi に登録する形態になっています。

この環境設定ファイルに記述した内容で、システムの初期値を置き換えるため、アプリケーションディレクトリに限らず、細かい設定ができます。

mt-config.cgi の設定の方法

mt-config.cgi を設定する際の注意点は、次のとおりです。

  • 改行コードがLFのみのテキストファイルを編集可能なテキストエディタを利用します。
  • 次の書式にあわせて記述します。
    • 行頭に、環境変数名を、半角スペースをおいて環境変数に設定する値を指定します。
    • 行頭が # の行は、コメント行と判断します。

たとえば、次の例では、環境変数 HelpURL の値が、指定した URL に置き換わり、環境変数 SupportURL は、システムの初期値が適用されます。

HelpURL http://www.example.com/help/
# SupportURL http://www.example.com/support/
#

必須の設定

  1. mt-config.cgi ファイルの作成
  2. CGIPath の設定
  3. StaticWebPath の設定
  4. データベースの設定
  5. mt-config.cgi のアップロード

mt-config.cgi ファイルの編集

インストールウィザードで Movable Type をインストール後、新規インストールの事前準備で決定したアプリケーションディレクトリに、mt-config.cgi ファイルがありますので、念の為バックアップを行ったあと、テキストエディタで mt-config.cgi を編集します。

CGIPath の設定

アプリケーションディレクトリをウェブブラウザからアクセスした際のパスを、次のように設定します。

CGIPath http://www.example.com/cgi-bin/mt/

StaticWebPath の設定

スタティックディレクトリにウェブブラウザからアクセスした際のパスを、次のように設定します。

StaticWebPath http://www.example.com/mt-static/

データベースの設定

Movable Type で利用するデータベースに関する情報を設定します。設定する内容は、利用するデータベースごとに異なります。別節を参照して設定してください。

mt-config.cgi のアップロード

編集した mt-config.cgi をアプリケーションディレクトリにアップロードします。

環境に応じて必要な設定

  1. PublishCharset の設定
  2. DBUmask, HTMLUmask, UploadUmask, DirUmask の設定
  3. TempDir の設定
  4. DefaultSiteURL, DefaultSiteRoot の設定

DBUmask, HTMLUmask, UploadUmask, DirUmask の設定

Apache ウェブサーバーが suexec で動作している場合、以下のようにします。

DBUmask 0022
HTMLUmask 0022
UploadUmask 0022
DirUmask 0022

TempDir の設定

Movable Type が生成するテンポラリーファイル (バックアップファイル等) の保存場所を設定します。/tmp/ 以外の場所にしたい場合や、Windows サーバー上で構成している場合に設定します。

TempDir /temp/

mt-config.cgi には、この他にも公開したブログに対する検索のオプションやメールサーバーとの連携等の設定を追加できます。

Updated on 2015-06-25, 00:43 .