movabletype.jp
検索

カスタムフィールドの作成と表示

カスタムフィールドとは

カスタムフィールドは、Movable Typeで管理する様々なオブジェクトに、独自の入力項目を追加する機能です。ウェブページやブログ記事に独自コンテンツを追加したり、ユーザーやブログの属性情報を追加することができます。

カスタムフィールドは、Movable Type Proの機能です。個人ライセンス有償ライセンスで利用できます。

カスタムフィールドとは

カスタムフィールドは、以下のステップで利用します。

  1. カスタムフィールドを、システム全体、ウェブサイト、ブログのいずれかで作成します
  2. カスタムフィールドを追加する、システムオブジェクトを選びます
  3. カスタムフィールドとして入力する、項目の種類(テキスト、日付、画像など)を選びます。
  4. カスタムフィールドその他の設定項目を入力します
  5. ブログ記事とウェブページに追加したときには、投稿画面の表示オプションを設定します
  6. カスタムフィールドのテンプレートタグを、テンプレートに記述します
  7. カスタムフィールドの値を入力し、ウェブサイトやブログを公開します。
  8. ウェブサイトあるいはブログで、カスタムフィールドの値が表示されます。

カスタムフィールドの作成

カスタムフィールドは、システム、ウェブサイト、ブログのいずれかで作成します。システムで作成すると、その項目はMovable Type内のすべてのウェブサイトとブログで表示されます。ウェブサイトとブログで作成したときは、作成したウェブサイトあるいはブログでのみ表示されます。他のウェブサイト(ブログ)には表示されません。

カスタムフィールドはシステム、ウェブサイト、ブログで作成

以下の手順で作成します。

システムで作成する

  1. ナビゲーションから、[システム]を選択します。
  2. サイドメニューから、[カスタムフィールド][新規]を選択します。
  3. カスタムフィールドは、Movable Type内のすべてのウェブサイトとブログで表示されます。

ウェブサイト、あるいはブログで作成する

  1. ナビゲーションから、カスタムフィールドを追加するウェブサイト、あるいはブログを選択します。
  2. サイドメニューから、[カスタムフィールド][新規]を選択します。
  3. カスタムフィールドは、作成したウェブサイト、あるいはブログでのみ表示されます。
cf-create.png

システムオブジェクトの選択

カスタムフィールドの作成画面で、カスタムフィールドを追加するシステムオブジェクトを選択します。追加できるオブジェクトの種類は、システム、ウェブサイト、ブログで異なります。例えば、ウェブサイトではブログ記事を作成できないので、ブログ記事を選択できません。選択できるシステムオブジェクトは、以下の表の通りです。

システム ウェブサイト ブログ
ブログ記事 OK OK
ウェブページ OK OK OK
コメント OK OK OK
アイテム OK OK OK
オーディオ OK OK OK
ビデオ OK OK OK
画像 OK OK OK
カテゴリ OK OK
フォルダ OK OK OK
テンプレート OK OK OK
ブログ OK
ウェブサイト OK
ユーザー OK

カスタムフィールドの設定

以下の設定項目を入力します。入力できる値の制限については、『カスタムフィールド設定時の制限事項』を参照してください。

名前
カスタムフィールドの名前です。編集画面に表示されます。
説明
カスタムフィールドの説明文です。編集画面に表示されます。
種類

カスタムフィールドの入力項目の種類です。以下から選びます。

  • テキスト
  • テキスト(複数行)
  • チェックボックス
  • URL
  • 日付と時刻
  • ドロップダウン
  • ラジオボタン
  • アイテム
  • オーディオ
  • ビデオ
  • 画像

アイテムは、「オーディオ、ビデオ、画像」以外のファイルです。PDFなどのファイルをアップロードするために利用します。

オプション

"種類"で、ドロップダウン、ラジオボタンを選んだときには、表示する選択肢をオプションで指定します。カンマで区切って入力してください。例えば、"好きな色"を選ぶ場合には、以下のように入力します。

赤,青,緑,黄色,白,黒

オプションは、あとで変更できます。オプションを変更しても、入力済みの値はそのままの保持されます。

ベースネームの設定

このブログ内で重複しない値を入力してください。重複したベースネームが存在すると、カスタムフィールドのデータを正しく保存できない場合があります。カタムフィールドの値を利用して、ブログ記事を並べかえたり、フィルタリングするなど、テンプレート内でも利用します。

テンプレートタグ

カスタムフィールドの値を、テンプレートで出力するためのテンプレートタグを指定します。入力する内容は大文字小文字を区別しません。入力した内容が大文字でも、保存すると、小文字で表示されることがあります。

Movable Typeの標準のテンプレートタグとは異なるタグ名を指定してください。たとえば日付の項目を追加したときは、CFEntryDate など、頭に独自の文字列を加えることで、既に存在するタグとの重複を防ぎます。

入力が終わったら、[保存]ボタンを押します。

ブログ記事でカテゴリを選んだ場合に、カスタムフィールドを表示する

例えば、カフェのメニューをサンプルに考えてみます。カテゴリとして「ドリンク」と「フード」を作成し、カテゴリ毎に入力する項目を追加してみましょう。

cafe-cappuccino.pngcafe-muffin.png

カスタムフィールドの作成画面で、必要な項目を入力します。システムオブジェクトは、すべて「ブログ記事」を選びます。その他の項目は、以下の表を参考にしてください。

cafe-cf.png

カスタムフィールドを一度保存したら、「カスタムフィールドの編集」画面を下までスクロールしてみてください。「カテゴリ」という項目が追加されています。カテゴリの一覧から、このカスタムフィールドを表示したいカテゴリを選択します。完了したら再度、[保存]ボタンを押してください。

cf-create-category.png

カテゴリ連携の制限事項については、『カスタムフィールドの制限事項』を参照してください。

 

ウェブページとフォルダの連携

ブログ記事とカテゴリと同様に、ウェブページをフォルダと関連づけることができます。

フォルダとの連携

関連づけは、フォルダあるいはカテゴリの編集画面からも設定できます。作成済みのカテゴリやフォルダを、沢山のカスタムフィールドに関連づけしたいときは、こちらの方が便利です。

カテゴリ連携の設定場所

投稿画面にカスタムフィールドを表示する

追加したカスタムフィールドを、ブログ記事の投稿画面で表示します。入力が必須のカスタムフィールドは、自動的に表示されます。必須ではないものは、右上の[表示オプション]をクリックし、チェックボックスを選択して投稿画面に表示します。カテゴリと関連づけたカスタムフィールドは、そのカテゴリを選択した場合にのみ表示されます。表示オプションの設定は必要ありません。

またカスタムフィールドや、タグ、概要などの入力欄をドラッグ&ドロップして、投稿画面内で並び替えることができます

その他のシステムオブジェクトに追加したカスタムフィールドに入力する画面は、以下の表を参考にしてください。

入力画面とテンプレートタグ
システムオブジェクト 入力する画面 MTタグ
ブログ記事 ブログ記事の投稿画面(表示オプション) MTEntryCustomFields
ウェブページ ウェブページの投稿画面(表示オプション) MTPageCustomFields
コメント コメント編集画面と、ブログのコメント欄 MTCommentCustomFields
アイテム アイテムの編集画面(アイテム対象) MTFileCustomFields
オーディオ アイテムの編集画面(オーティオ対象) MTAudioCustomFields
ビデオ アイテムの編集画面(ビデオ対象) MTVideoCustomFields
画像 アイテムの編集画面(画像対象) MTImageCustomFields
カテゴリ カテゴリの編集画面 MTCategoryCustomFields
フォルダ フォルダの編集画面 MTFolderCustomFields
テンプレート テンプレートの編集画面 MTTemplateCustomFields
ブログ ブログの全般設定 MTBlogCustomFields
ウェブサイト ウェブサイトの全般設定 MTWebsiteCustomFields
ユーザー ユーザー情報の編集とプロフィールページ MTAuthorCustomFields

入力時の制限事項については『カスタムフィールドの制限事項』を参照してください。

テンプレートで、カスタムフィールドを表示する

入力したカスタムフィールドをブログで表示するには、テンプレートにカスタムフィールドのMTタグを追記します。MTタグは、カスタムフィールド作成時に指定したものを記述します。MT5.1以降では一覧画面で、MTタグを簡単に確認できます。カスタムフィールドの一覧で、[表示オプション]をクリックし、タグを選択すると、各カスタムフィールドのMTタグが一覧に表示されます。

cf-list-tag.png

カスタムフィールドの値を表示したいテンプレートに、MTタグを追記します。前述の例で追加したカスタムフィールドを表示するためには、以下のように記述します。

<mt:Entries>
<dl>
<mt:If tag="EntryCategory" eq="ドリンク">
  <dt>提供形態</dt>
  <dd>
    <mt:If tag="EntryDataCold">[コールド]</mt:If> 
    <mt:If tag="EntryDataHot">[ホット]</mt:If>
  </dd>
  </mt:If>
  <mt:If tag="EntryDataPrice">
    <dt>価格</dt>
    <dd><mt:EntryDataPrice /> 円</dd>
  </mt:If>
  <mt:If tag="EntryDataIngredients">
    <dt>原材料</dt>
    <dd><mt:EntryDataIngredients /></dd>
  </mt:If>
</dl>
</mt:Entries>

カスタムフィールドの埋め込みオブジェクト(Embed Object)を表示する際の注意点

Movable Typeの標準テンプレートでは、プロフィールやコメントのカスタムフィールド項目をブログで表示する際に、安全のためHTMLタグを除去して出力する sanitize="1" (sanitize | グローバル・モディファイアリファレンス)を指定しています。このため、カスタムフィールドの『埋め込みオブジェクト』で入力される<embed>や<object>タグは、標準の設定では除去されます。

タグを除去せずに、カスタムフィールドの値を表示したい場合は、 sanitize="0" とすることでHTMLをそのまま表示できます。ただし、これによりウェブサイト上で任意のHTMLを表示したり、JavaScriptを実行することが可能になります。ウェブサイトのセキュリティー保護のために、信頼されたユーザーのみが、その項目を編集できるように、コメント認証やユーザーの権限を厳しく設定してください。

カスタムフィールドで"0"を表示する

カスタムフィールドに数字の"0"を入力したときに、そのままでは、テンプレートタグで"0"を出力しません。これは、0がプログラム的にFALSEを意味するためです。 以下のように明示的に評価して出力する必要があります。

<mt:If tag="EntryDataPrice" eq="0">
  <dt>価格</dt>
  <dd>無料</dd>
</mt:If>

カスタムフィールドでアップロードした画像を表示

カスタムフィールドで画像をアップロードした場合、通常のタグでは画像ファイルへのリンクが表示されます。

リンクではなく、画像として表示するためには、カスタムフィールドのテンプレートタグの末尾に Asset を追加します。例えば、カスタムフィールドが mt:EntryMyPicture というテンプレートタグの場合は、mt:EntryMyPictureAsset というブロックタグを記述します。

<mt:EntryMyPictureAsset>...</mt:EntryMyPictureAsset>

この Asset タグは、通常の mt:Assets と同様の機能をもち、ブロック内部で mt:AssetURL などのアイテム用のタグが利用できます。

以下のサンプルは、カスタムフィールドでアップロードした画像をブログ記事一覧として表示する場合のテンプレートです。フィールドの編集画面で、テンプレートタグの項目に entrymypicture と入力されているものとします。

<MTEntries>
    <MTIfNonEmpty tag="EntryMyPicture"><$MTEntryTitle$>で選択された画像: <MTEntryMyPictureAsset><img src="<$MTAssetURL$>" /></MTEntryMyPictureAsset></MTIfNonEmpty>
</MTEntries>

カスタムフィールドの管理

  1. ナビゲーションから、システム、ウェブサイトあるいはブログを選択します。
  2. サイドメニューから、[カスタムフィールド][一覧]を選択します。
  3. 編集するカスタムフィールドを選択します。
  4. クイックフィルタを利用すると、追加したシステムオブジェクトの種類で絞り込み表示します。
Updated on 2011-07-22, 17:52 .

関連ページ