movabletype.jp
検索

Oracle 11g R2 を利用する

Oracle データベースを Movable Type Advanced で利用する方法について説明します。

Oracle データベース のインストールとセットアップは、オラクル社、および自社の IT 管理部門などが提供する手続きに則って、データベースを用意してください。

Oracle インストール時の注意事項

Movable Type Advanced のインストールを開始する前に、データベースに関する以下の情報を確認してください。

  • データベース名(SID)
  • ユーザー名
  • パスワード
  • ポート番号 (標準では 1521)

また、以下の CPAN モジュールのインストールが必要です。それぞれのモジュールのインストール方法については、『DBD::Oracle のインストール』をご参照ください。

  • DBI (バージョン 1.21 以上)
  • DBD::Oracle

Oracle データベースで利用する

Movable Type Advanced を利用するための標準的な準備方法については、以下のページをご参照ください。

  1. Oracle 11g R2 で利用する際の前準備
  2. 表領域を作成する
  3. データベースにユーザーを作成する
  4. SQL*Plus による接続テスト
  5. ファイルのアクセス権を変更する
  6. ウェブサーバーの設定
  7. DBD::Oracle のインストール
  8. インストール・ウィザードを利用して Movable Type Advanced をセットアップする
Updated on 2014-01-16, 15:56 .

関連ページ