movabletype.jp
検索

Movable Type 5 を最新のバージョンへアップグレード

Movable Type 5を、最新のバージョンにアップグレードする手順を解説します。Movable Type 3 および Movable Type 4 からのアップグレードは、以下のドキュメントを参照してください。

Movable Type 5 のアップグレード方法は、二通りの方法があります。

1. 現在のディレクトリを、上書きするアップグレード

FTPソフトのみでアップグレード作業をおこないます。

  1. 現在のデータベースをバックアップします。
    MySQL のバックアップ
  2. 新しいMovable Type アプリケーションを、上書きアップロード
    1. ZIPファイル(MT-5.02-ja.zip など)を、PCで解凍します。
    2. 解凍後に作成されたディレクトリ(MT-5.02-ja など)の中身を、現在のアプリケーションディレクトリにFTPソフトを利用してアップロードします。
  3. アプリケーション ディレクトリのmt.cgi にログインすると、自動でアップグレードが開始されます。

Movable Type 5.13、5.07、4.38 より前のバージョンからアップグレードした場合には、次に以下の作業をおこなってください。

2. 新しいディレクトリでのアップグレード

Movable Type をインストールしたサーバーがLinuxで、SSHなどでログインできる場合は、以下の手順でもアップグレードをできます。新しいMovable Type アプリケーションのZIPファイルを解凍せずにアップロードするため、アップロードの時間が短くてすみます。

  1. 現在のデータベースをバックアップします。
    MySQL のバックアップ
  2. Movable Type アプリケーションをアップロードします。
    1. ZIPファイル(MT-5.02-ja.zip など)を、サーバーのアプリケーション ディレクトリより1つ上の階層にアップロードします。 例
      /home/example/cgi-bin/
      
    2. サーバーでZIPファイルを解凍します。例
      % cd /home/example/cgi-bin/  
      % unzip MT-5.02-ja.zip 
      
  3. 解凍後に作成されたディレクトリ(MT-5.02-ja など)に、現在のアプリケーション ディレクトリから必要なファイルをコピーします。

    以下は、『Movable Type の設置 (Linux, BSD, Mac OS X)』の構成で配置されたMovable Typeの場合の作業例です。

     % cd /home/example/cgi-bin  
    
     % cp mt/mt-config.cgi MT-5.02-ja/.
     % cp -Rf mt/mt-static/support MT-5.02-ja/mt-static/.
     % cp -Rf mt/plugins/プラグイン名 MT-5.02-ja/plugins/.
     % cp -Rf mt/themes/テーマ名 MT-5.02-ja/themes/.
     
    
  4. 解凍後に作成されたディレクトリを、アプリケーション ディレクトリの名前に変更します。
     % cd /home/example
     % mv cgi-bin/mt cgi-bin/mt-backup
     % mv www/mt-static www/mt-static-backup
     % mv cgi-bin/MT-5.02-ja cgi-bin/mt
     % mv cgi-bin/mt/mt-static www/.
    
  5. アプリケーション ディレクトリのmt.cgi にログインすると、自動でアップグレードが開始されます。

Movable Type 5.13、5.07、4.38 より前のバージョンからアップグレードした場合には、次に以下の作業をおこなってください。

Updated on 2012-02-21, 23:10 .

関連ページ