movabletype.jp
検索

手動で設定する

LDAP 認証の設定を mt-config.cgi に手動で行う場合は、以下の環境変数に適切な値を指定してください。

ユーザー認証の連携のための設定

ユーザー認証を連携するためには、以下の設定が必須となります。

AuthenticationModule
AuthenticationModule に LDAP を指定すると、ディレクトリサービスを利用したユーザー認証を行います。
LDAPAuthURL
ユーザー情報が格納されている、ディレクトリーサービスのパスを ldap(s) から始まる URL で指定します。URL に日本語を含む場合には、URL エスケープした文字を指定します。
例: ldap://ldap.example.com/dc=example,dc=com?attribute_name
attribute_name は、Movable Type のユーザー名とマッチさせるディレクトリーサービス上の属性名です。
LDAPAuthBindDN
ディレクトリサービスから情報を検索するときに利用する DN (Distinguished Name) を指定します。指定がない場合は、匿名バインド (anonymous bind) で接続します。
例: cn=Manager,dc=example,dc=com
LDAPAuthPassword
LDAPAuthBindDN で指定した DN のパスワードを指定します。
LDAPAuthSASLMechanism
ディレクトリサービスが SASL (Simple Authentication and Security Layer) をサポートしている場合、SASL の認証方法を指定します。PLAIN, DIGEST-MD5, CRAM-MD5, ANONYMOUS などが指定できます。

ユーザー管理連携のための環境変数の設定

ユーザー認証に加えて、ユーザー管理の連携に関する設定を行う場合は、以下の環境変数の設定を行ってください。

ExternalUserManagement
LDAP 認証において、ユーザー管理をディレクトリサービス側で行う場合は、1 を指定します。ディレクトリサービス側でユーザー管理を行わない場合は、0 を指定する必要があります。
ExternalUserSyncFrequency
ディレクトリサービスと、Movable Type のユーザー情報とグループ情報を同期する頻度を指定します。
LDAPUserIdAttribute
ディレクトリ・サービス側で、ユーザーを一意に識別する属性名を指定します。
例: entryUUID
LDAPUserFullNameAttribute
Movable Type にユーザーを作成するとき、ユーザーの表示名としてい使用される属性を指定します。
例: displayName
LDAPUserEmailAttribute
Movable Type にユーザーを作成するとき、ユーザーの電子メールアドレスとして使用される属性を指定します。
例: email

グループ管理の連携のための環境変数

以下の項目は、グループ情報を連携させる場合に必要です。

ExternalGroupManagement
LDAP 認証において、グループ管理をディレクトリサービス側で行う場合は、1 を指定します。ディレクトリサービス側でグループ管理を行わない場合は、0 を指定する必要があります。
LDAPGroupSearchBase
グループ情報が格納されている、ディレクトリーサービスのパスをホスト情報を除いたパスで指定します。
例: ou=Groups,dc=example,dc=com
LDAPGroupFilter
LDAPGroupSearchBase からグループ情報の検索を行うときに利用するフィルターを指定します
例: (objectClass=posixGroup)
LDAPGroupIdAttribute
ディレクトリサービス側のグループエントリーにおいてグループの識別子を定義する属性 (例: entryUUID) を指定します。Movable Type でグループ情報を識別するために用いられます。必須項目ではありませんが、設定を強く推奨します。
LDAPGroupNameAttribute
Movable Type にグループを作成するとき、グループの名前として使用される属性を指定します。
LDAPGroupFullNameAttribute
Movable Type にグループを作成するとき、グループの表示名として使用される属性を指定します。
LDAPGroupMemberAttribute
ディレクトリサービス側で、グループに属するユーザーを定義する属性を指定します。
例: memberUid
LDAPUserGroupMemberAttribute
ディレクトリ・サービス側で、グループ情報からユーザーを検索するときに利用される LDAPGroupMemberAttribute の値が、ユーザー情報のどの属性に一致するのかを指定します。
例: uid
Updated on 2014-03-06, 16:24 .

関連ページ