Movable Type CMSプラットフォーム Movable Type
ドキュメントサイト

Movable Type 7 ManualMovable Type 7 マニュアル

旧バージョンから Movable Type 7 へアップグレードする

最終更新日: 2018.04.27

Movable Type を最新のバージョンにアップグレードする手順を解説します。

アップグレード前の諸注意

アップグレードを開始する前にいくつかの注意事項がありますので、先に確認をしてください。

データベースの移行

SQLite または PostgreSQL をご利用の場合は、アップグレードをおこなう前に MySQL へ移行する必要があります。

バックアップ

Movable Type をアップグレードした場合、古いバージョンに戻すことはできません。アップグレード前にデータベースのバックアップを作成することで、アップグレード時に問題が発生した場合や、ダウングレードしなくてはならなくなったときに対応することができます。

アップグレードの実施

Movable Type では、上書きアップロードでのアップグレードは推奨していません。ここでは、新規でディレクトリを作成しアップグレードする方法を解説します。

  1. 既存のアプリケーション ディレクトリと同じ階層に新規アプリケーション ディレクトリを作成する
    後程変更するため、mt-new などわかりやすい名前で作成してください。

    例: /home/example/cgi-bin/mt-new
  2. 手順 1 で作成したディレクトリに解凍後のファイルをアップロードする

  3. 現在のアプリケーション ディレクトリから必要なファイルをコピーする
    コピーするファイルは、『アップグレード時に、新しいディレクトリにコピーするファイル』をご参照下さい。
  4. アプリケーション ディレクトリの名前を変更する

    例:
    旧 /home/example/cgi-bin/mt   → /home/example/cgi-bin/mt_backup 
    新 /home/example/cgi-bin/mt-new → /home/example/cgi-bin/mt
  5. アプリケーション ディレクトリの mt.cgi にサインインする
    自動でアップグレードが開始されます。

Movable Type 4 以前のバージョンから アップグレードをおこなった場合は、ブログはすべて自動的サイトに変換されます。

アップグレード直後は、一部のデータが Data API で取得可能になっています。取得されると困る情報は、DisableResourceField 環境変数で制限してください。

Movable Type 5.13、5.07、4.38 より前のバージョンからアップグレードしたとき

Movable Type 5.13、5.07、4.38 より前のバージョンからアップグレードした場合は、以下の作業をおこなってください。

目次