movabletype.jp
検索

既存のデータベースを残す方式のアップグレード

ここでは、Movable Type のアプリケーションデータやデータベースを上書きすることでのアップグレードではなく、新しく Movable Type 5 用の環境を作り、そこへバージョンの古い既存環境のデータを複製する方法の例を記述しています。この方法を使うと、現在のデータをそのまま維持しながら、安全にアップグレードすることができます。

  1. 既存環境のバックアップ
  2. 新しい環境の作成
  3. データベースの複製
  4. 新しい環境でアップグレード実行
  5. プラグインなどの複製
  6. アップグレード後に必要な作業

この方法では、既存のデータベースをそのまま残しておき、新しく Movable Type 5 用のデータベースを作成しますので、お使いの環境で、MySQL に複数のデータベースを作成できるかを確認してください。

作業が終了した後、既存環境の Movable Type を動作しないようにしておきます。既存環境と新しい環境の両方が、同じブログディレクトリへ公開するように設定されているため、公開されているファイルを壊す惧れがあります。どうしても既存環境を削除することが不安な場合は、既存環境の Movable Type のアプリケーションディレクトリ内のスクリプト (拡張子が cgi のファイル) の権限を、444 などに設定して、アクセスしても動作しないようにしておきましょう。

既存環境のバックアップ

この方法でのアップグレードは、既存環境のデータベースへ上書きすることはありませんが、最終的には新しいバージョンの Movable Type の再構築によって既存のブログディレクトリが上書きされますし、誤操作などにより、大切なデータを破損してしまうことがあるかもしれません。
作業前には必ずバックアップを行うようにしてください。

ディレクトリのバックアップ

FTP プログラムを利用し、次のディレクトリの内容をローカル PC にコピーします。コピーした内容は、圧縮ツール等で圧縮したり、必要に応じて CD-R などに書き出しておくと便利です。

  • アプリケーションディレクトリ
  • スタティックディレクトリ
  • ブログディレクトリ

各ディレクトリの詳細は『新規インストールの事前準備』を参照してください。

データベースのバックアップ

MySQL を利用している場合、ホスティングサーバーの事業者が提供するバックアップの方法、もしくはシェルを利用してバックアップを作成します。データベースのバックアップは『MySQL のバックアップ 』を参照してください。

新しい環境の作成

新しいバージョンの Movable Type をインストールするための環境を作成します。このとき、既存の環境へ上書きしてしまうことがないように、十分気をつけてください。

既存環境と新しい環境の構成例
項目 既存環境 新しい環境
アプリケーションディレクトリ (パス) /home/sixapart/cgi-bin/mt /home/sixapart/cgi-bin/mt5
アプリケーションディレクトリ (URL) http://www.sixapart.com/cgi-bin/mt/ http://www.sixapart.com/cgi-bin/mt5
スタティックディレクトリ (パス) /home/sixapart/www/mt-static /home/sixapart/www/mt-static5
スタティックディレクトリ (URL) http://www.sixapart.com/mt-static http://www.sixapart.com/mt-static5

新しい Movable Type のインストール

必要インストール環境 (ウェブサーバー, DB) と、ブラウザ動作環境 』、『サーバーのシステム情報の確認』、『新規インストールの事前準備』、『Movable Type の設置 (Linux, BSD, Mac OS X)』など参照しながら、新規インストールと同様の手順で新しいバージョンの Movable Type を設置してください。

データベースの複製

新しいバージョンの Movable Type 用に、新しいデータベースを作成して、既存のデータベースを複製します。

既存環境と新しい環境の構成例
項目 既存環境 新しい環境
データベース名 mt mt5

新しいデータベースの作成

MySQLの設定』を参考に、新しいデータベースを作成してください。

既存のデータベースをエクスポート

MySQL のバックアップ 』を参考に、既存のデータベースからデータをエクスポートしてください。

新しいデータベースにインポート

MySQL のリストア』を参考に、既存のデータベースからエクスポートしたデータをインポートしてください。

新しい環境でアップグレード実行

ここまでの作業で、新しい環境は、既存のデータベース (複製) +新しいバージョンの Movable Type アプリケーションファイル、という組み合わせになりました。上書きでのアップグレード手順で、既存環境へ新しい Movable Type をアップロードした状態とほぼ同じです。

次に、データベースを新しいバージョンの Movable Type に対応させるために、アップグレードウィザードを実行します。ブラウザから新しい環境のアプリケーションディレクトリにアクセスして、[アップグレード] ボタンをクリックします。[ログイン] 画面が表示されたら "ユーザー名""パスワード" を入力して [サインイン] ボタンをクリックすると、自動的にアップグレードウィザードが開始されますので、正常に終了したことを確認してください。
アップグレードウィザードについては、『アップグレードウィザード』を参照してください。

プラグインなどの複製

必要に応じて、既存環境から新しい Movable Type の環境へ、プラグインやテーマなどを複製してください。詳しくは、以下のドキュメントを参照してください。

アップグレード時に、新しいディレクトリにコピーするファイル

アップグレード後に必要な作業

5.13、5.07、4.38 移行のバージョンにアップグレードした場合には、次に以下の作業をおこなってください。

Updated on 2012-02-21, 23:07 .

関連ページ