movabletype.jp
検索

MTPagerBlock BLOCK MT4.2

検索結果ページの総ページ数だけ繰り返し処理をおこないます。

例えば、1 ページに表示する検索結果の件数を 10 件と設定したとき、75 件の検索結果なら 10 件表示するページは 7 ページ、5 件表示するページは 1 ページの合計 8 ページに分割されます。結果、MTPagerBlock ブロックタグで囲まれた内容は、8 回繰り返し処理されることになります。

使い方

<mt:SearchResults>
  <mt:SearchResultsHeader>
<div id="search-results">
  <span id="current-page" class="hidden"><$mt:CurrentPage$></span>
  <h1 id="page-title" class="search-results-header">
    <mt:IfStatic><mt:IfStraightSearch>「<$mt:SearchString$>」と一致するもの</mt:IfStraightSearch></mt:IfStatic>
    <mt:IfTagSearch>タグ「<$mt:SearchString$>」が付けられているもの</mt:IfTagSearch>
  </h1>
  <div class="search-results-container autopagerize_page_element">
  </mt:SearchResultsHeader>
  <$mt:Include module="記事の概要" hide_counts="1"$>
  <mt:SearchResultsFooter>
  </div>
  <div class="autopagerize_insert_before"></div>
  <div class="content-nav">
    <mt:IfPreviousResults>
    <a href="<$mt:PreviousLink$>" rel="prev" onclick="return swapContent(-1);">&lt; 前</a>&nbsp;&nbsp;
    </mt:IfPreviousResults>
    <mt:PagerBlock>
      <mt:IfCurrentPage>
    <$mt:Var name="__value__"$>
      <mt:Else>
    <a href="<$mt:PagerLink$>"><$mt:Var name="__value__"$></a>
      </mt:IfCurrentPage>
    <mt:Unless name="__last__">&nbsp;</mt:Unless>
    </mt:PagerBlock>
    <mt:IfMoreResults>
    &nbsp;&nbsp;<a href="<$mt:NextLink$>" rel="next" onclick="return swapContent();">次 &gt;</a>
    </mt:IfMoreResults>
  </div>
</div>
  </mt:SearchResultsFooter>
</mt:SearchResults>

特別な変数

MTPagerBlock タグによるループの中では、以下の特別な変数が利用できます。

__first__

ループ出力の最初であるとき、真 (1) となります。

__last__

ループ出力の最後であるとき、真 (1) となります。

__odd__

ループ出力の奇数回目のとき、真 (1) となります。

__even__

ループ出力の偶数回目のとき、真 (1) となります。

__counter__
__value__

ループした回数を格納します。

Updated on 2016-11-25, 15:53 .
MTDDC MEETUP TOKYO 2016

Movable Type 関連書籍